休み明け

 そろそろ今年最初の締め切りが近づいているので、非常に緩慢とした調子で年末に入ってきた仕事に手をつけ始めたのだが、やり始めてみるとかえって楽な気持ちになった。余計なことを考えなくていい。毎年思うが、かえってさっさと平常のペースになった方が気楽である。どうにもぼくは世間的に休暇のシーズンがあるといろいろ趣味に没頭しなければと思ってしまうのだが、結局今回も大してなにもやらずに終わった。放置していたプラモデルの箱の山の高さは変わっていないし、久しぶりに「家業」の真似事でもしようと思って世界堂で買ってきたラドールの粘土も、会計時に入れられた袋から取り出してさえいない。その袋には非デジタルな作品を作ろうと思って買ったイラストボードまで入っている。あれもやろうこれもやろうと空想していた頃が一番楽しいものである。
 とは言えそれらの作業というのも、結局はぼくにとって普段の仕事と大して変わらないものだ。それなら別に休みの間にこだわらなくともいいだろう。そもそも何故休みの間に仕事に似たことをやろうとしていたのか。ヘルキャット戦車のプラモデルを組み立て、Nintendo Switchでメダロットのソフトを遊んだだけでも十分である。

やりたいこととやめたいこと

 今年はちゃんと日記をブログに書こうと思いつつ、もう五日も経ってしまった。年末中にサイトをいじってレイアウトを変えたのだが、気づいていただけただろうか。ワードプレスをやめて他のものを使ってみようかとも思ったのだが、WPにも最近ベータ版のデザインエディターがリリースされたようで、それを触ってみたら、結構思うようにいじれたので引き続き使うことにした。イラストや仕事がひと目で複数眺められるグリッドデザインにこだわっていたが、よくよく考えてみたらそれほど見やすくはないことに気づいたので、単純に1カラムで上から下へひとつずつ流れていく形に整えた。全端末で同じように見える。グリッドにこだわっていたのは、1ページに表示できるものが多く、過去のものが簡単には流れていかないためだったのだが、1カラムでも載せるものを絞ればその心配もないのではないか。とかくぼくは更新頻度が高すぎる気がする。ちょっとしたものはSNS上に任せて、サイトはもう少しまとめておきたい。
 その代わり、ブログを書こうと思う。個人的な書き物は依然続けているが、やはりひとの目に触れるものを書く習慣はなくしたくない。机の上のノートは誰も読む心配がないため、ついつい(というより意図して)思うままを書いてしまう。不平不満はもちろんおぞましいことも書き連ねている。とてもではないが、綺麗にレタリングされた頭文字から始まり、素敵な装飾が描き込まれたり、洒落たコラージュが入ったような、見せるためのノートなどぼくには作れそうにない。ぼくにとってノートは思考や感情の整理のためのものだ。だから、やはり人目に触れる前提の日記も書く必要がある。
 ほかにもやりたいことはあるのだが、それよりは今年やめたいことのほうが先に思い浮かぶ。ファンアートの類を減らしたいのだ。映画のレビューの仕事も多かったから、ファンアートはぼくの活動と深く結びついているところもあったし、興味関心を表現する手段ではあったのだが、しかしそれにしてもあまりにも描きすぎていたと思う。いいものもいろいろ描けたと思う。だが所詮はひとの作ったものを借りているだけで、うまく描けても自分のものにはならない。いつまでもなにかが満たされないのはそのせいだろうと思う。
 映画は楽しいし、おもしろいものはおもしろいと言いたいし、イマイチなものはイマイチ、違和感があればそうはっきり言っていいものだと思うのだが、しかし、そればかりやっていても仕方がない。なにかを評してばかりいるのは気分的にもよくない。自分自身が作りたいものがどんどん遠くへと流れていく気もする。
 ファンアートを完全にやめはしないだろう。好きなものを取り入れる方法はいろいろある。気が向いたらまたいくらでも描くだろうし、仕事で公認のもと好きなキャラクターを描く機会などが巡ってきたら、それはもう最高だ。そもそもこんなことはいちいち表明する必要もなさそうだが、こう書いておくことで実践せざるを得ないようにした方が、自分の場合はいいように思う。
 やめたいことは結局はやりたいことに通じてもいる。ファンアートを減らすとなれば、あとはもう自分の思いつくものを描くしかない。そうすることで、もう少し新しいものを描きたいと思っている。なにかを見つけられればと思うと同時に、もうとっくにそれは自分の身についているとも思えたりもするのだが。




幼稚園の聖劇

娘の幼稚園でクリスマスの聖劇を観た。役どころは羊飼いに救い主降誕を告げる天使、の周りにわらわら現れる小天使ちゃんたちのひとり。

Father Christmas (1991)

自分にとってNBCと並ぶクリスマスの傑作『ファーザー・クリスマス』がプライムにあったので久しぶりに観たらやっぱりいい。

自分のサンタ像はこれなんだな。寒いのが嫌いで仕事の愚痴が多く、フランスで食べ過ぎてお腹を壊し、スコットランドで酔っ払い、ベガスで遊びほうける。ぼくにとってサンタとはこのくらい人間味があるキャラクターであって、ひたすら優しくにこにこしている全能のおじいさんでは決してない。真っ赤なキャンピングカーをトナカイに引かせるのも最高。
届け忘れたプレゼントを慌てて持っていくのがロンドンにある「大きな家」なのだが、その帰り際に「短足でずんぐりむっくりな犬」にじゃれつかれたりする。今年のクリスマスには特に観るべきだろう。

瑞丸、銀河皇帝と暗黒卿に謁見する。

先週の東京コミコンにて、パルパティーン皇帝役のイアン・マグダーミドと、若きアナキン・スカイウォーカー役ヘイデン・クリステンセンと写真を撮った。『クローンの攻撃』公開から20周年にあたる今年、このふたりが揃って来日し、ダブルショット撮影の機会があるというのはまたとないチャンスなので、普段あまりこういう撮影やサイン会に参加しないぼくも、さすがにチケットを取ってしまったというわけ。
すでにEP2が自分にとって重要な作品であることは散々書いているので、このふたりが自分にとってSWのアイコンと言っても過言ではないことはわかってもらえるだろう。最高議長とジェダイの英雄ととらえることもできるが、やはりここは皇帝と暗黒卿と表現したいところだ。このふたりの関係こそSWの歴史を支えている。
ちゃんと時間通りに待機列に並ぶことができるのかどうかから始まり、撮り直しなど無い中で写りのいい表情ができるのか、顔色は、体調は大丈夫なのか、ほんの一言でもなにか伝えられるのか、伝えるとしたらなにをどう言うのか、というような心配をしながら小一時間待った末、いよいよもう撮影ブースまであと一歩というところ、最後にちょっとでもマシに見えるよう身支度をしなさいと言わんばかりに姿見が置いてあり、その前に立つ。しかしもはや自分の見た目などどうでもよく感じられた。すぐ数メートル先にふたりはいるのだ。ブースに入ったあとも何組か並んでいたが、そんな時間はもうあっという間に終わった。すぐに自分の番となった。
この写真で言えば、向かって左側から入って、右側から抜けていくという流れになるので、まず最初にイアン・マグダーミドと出会うことになる。銀河いち邪悪な男の素顔は温厚そのもので、すぐにその手がぼくに向かって差し出された。温かい手であった。ああそうだ、なにか言わないといけない。なんとなくその場の流れは常に動き続けていて、うかうかしていればすぐに写真が撮られて終わってしまいそうだったが、ぼくの中では時間が止まったかのような感じだった。「My favorite is Episode 3!」と、頭に浮かんだいちばん簡単な言葉が口から出た。シェイクスピア俳優に向かって言うにはかなりお粗末な英語である。favoriteにisが続いて大丈夫なのか?favorite episode is 〜と続くべきなのではないか、など今なら思うのだが、しかしマグダーミドはにこにこ笑って「Thank you」と言ってくれた。最初にかけてくれた「Hello」もそうだったが、声の響きがまさにパルパティーンのあの感じである。クラっとする。『スリーピー・ホロウ』での役も好きだと言えればよかった。
振り返ると、今度はヘイデン・クリステンセンがいる。同じように挨拶とともに手を差し出してくれた。ほぼ無意識にしっかり握る。先ほどのカタコト英語の、「3」を「2」に置き換えて伝える。別にEP3のままでもよかった。ふたりが同様に活躍するのだから。けれど、ヘイデンにはEP2が好きだと伝えなければならないと思った。ぼくが初めて劇場で観て夢中になった作品で、彼が初めてアナキンを演じた作品なのだから。ぼくの言葉にヘイデンは「Of course I like it too」というようなことを言ってくれた(確かそんなニュアンスだった)。もちろん、彼もEP2が好きだろう。EP2とEP3、どちらもぼくにとって重要な作品だ。ふたりにとってもそうであることを願うばかりである。
それらはほんの短い、一瞬のような出来事で、ふたりにとってぼくは三日間の日程の中で会った大勢の中のひとりに過ぎなかっただろうけれど、しかしあの瞬間だけは、ぼくに向いてくれていたはずである。価値のある、幸福な時間だった。写真は記念として残るが、重要なのはあの時間だろうと思う。
ふたりに挟まれながらレンズを見たとき、あれだけどんな顔をすればいいのかと考えていたわりには、ほぼ無意識に、直前にふたりと言葉を交わしたときのままの顔でいた。いちばん自然な笑みになっているだろうと、直感でわかっていた。果たして、実際そうなっていた。妻も、一緒に行った友人も、いい顔だと言ってくれた。娘さえ「お父さん、こんなに笑った顔になるんだねえ」と言っていた。こんなに笑うこともあるのだ。もっと言えば、目は少し潤んでさえいた。妻はこの顔を、子どものようだと言っていたが、確かにあの時間、ぼくは20年前初めてEP2を観た10歳児に戻っていたのかもしれない。戻るもなにも、いつもそうだろう。
今こうして写真を見返していても、なんだか不思議な気分である。自分と彼らが一緒に写っているのが信じられない。信じられないわりには、そのときの記憶がまだまだ如実に浮かんでくるので、思い出して笑みが浮かんだりする。最高の思い出のひとつとなった。

15年間間違えていない電話

 携帯電話を買ってもらったのは高校進学時なのだが、それからかれこれ15年間、思い出したような頃合いにかかってくるのが、Hさん宛の電話である。もちろんぼくはHさんではないので、これは間違い電話と言えるのだが、15年間複数の相手からHさん宛の電話が時折かかってくることから、相手は番号を間違えていない。つまり、ぼくの電話番号というのは、かつてHさんが使っていたものなのだ。
 電話の内容は、興味がないのと、毎回「またか」という気持ちで聞き流しているので正確なところはわからないのだが、どうやらマンション購入やらローンやらの関係の話らしい。何度か相手の口上(こちらが相槌ひとつ打たなくともよくペラペラとしゃべるものだ)をじっと聞き取ろうとしたことがあるのだが、早い段階で自分の頭の中で聞こうとする、理解しようとするスイッチみたいなものが切れてしまい、ほとんどなにを言っているのかわからない。余計な言葉を削ぎ落としていくと、どうやらマンション物件を売り込もうということらしいのだが、いやまったく装飾過多のロココ調みたいな口調なので要点がわかりづらい。もっとも、わかったところでそれはぼくに向けた話ではなく、15年以上前にこの電話番号を使うことをやめたHさんに向けられたものなのだが、彼ないし彼女が電話番号を変えた理由もこの執拗な、毎度違う番号からかかってくるセールスの電話から逃れるためだったのだろう、大方は。そしてかれこれ15年経った現在に至るまで、代わりにぼくがそれを被ることになったのである。
 全くHさんという人は一体なにをやらかしたのだろうか。怪しげな、少なくとも夜の9時頃に携帯番号からマンション購入についての要点のわかりづらいセールスの電話をしてくるような、あまり上品そうでない業者を通して、マンションを買ってしまったのだろうか。そのために、やはり時間帯を選ばず、こちらの言葉を待たずに言いたいことを延々まくしたてるような業者を通してローンを組んだのだろうか。いずれにせよあまり良い買い物ではなさそうである。Hさんが一方的になにかの被害に巻き込まれた可能性もあれば、Hさん自身が自発的にそのような取引を繰り返しては番号を変えるという日常を送っている可能性もある。とは言えかかってくるのは別に支払いの催促であるとか、債務の取り立てではなく、あくまでセールスの電話なのだから、まあ案外Hさんは一度なにかの折に微妙な窓口を通してマンション購入を検討してしまっただけかもしれない。ところがそれから延々と不要なセールス電話がかかってくるようになり、耐えかねて番号を変えたという、ただそれだけの話なのかもしれない。その後もその番号は業者の間を延々と巡り続け、今なお脈のありそうなひょうてk、いや、顧客のリストに載っているのだろう。いや、マジで迷惑な話である。
 あるとき、あまりにもうんざりしたので、この番号はどこで知ったのかと、ペラペラと喋り続ける相手に尋ねたことがある。そのときの相手は「お客さまの番号は超一流ビジネスマンのリストに載っているのです。このお電話は本当に限られた、選ばれた方にしかおかけしておりません!」と言った。ぼくは超一流のビジネスマンどころか、ビジネスマンだったことはないので、まあこれもHさんがそうだというのだろう。そして、このことからHさんが本当の超一流ビジネスマンではなさそうだということはなんとなくわかる。超一流ビジネスマンはこんな軽薄な業者に番号を知られることなく生きているはずだから。ちなみに、このときの電話はこちらがHさんかどうかは確認せずに話が始まっている。そういう場合も結構多い。開口一番「いつもお世話になっております」という決まり文句を発することで、ぼくのような単純な人間の耳を引き留めてしまうという寸法である。こう言うからにはいつもお世話している相手だろうと思ってしばらく聞いていると、ずるずると話が続いてしまうのである。なんと狡猾なやり口であろうか。ほとんど詐欺である。で、こういうこちらが誰でも構わないというスタンスの電話も、まあ恐らくはHさん経由のものだろうと思う、内容的に。
 最後にHさん宛の電話を受けたのは先週のことで、それは結構久しぶりではあったのだが、すかさず自分はHさんではない旨を告げるやいなや、「今お電話口にいらっしゃる方にもぜひご紹介したいマンションの情報がありまして」などと言う。つまりは相手が誰でもいいのである。そのときふと思った。これはもうHさんに向けられた電話ではない。今この番号を使っているぼくに向けられたものなのだ。15年間この種の電話がかかってきて、その都度この番号を前に使っていた人間を恨んだものだが、15年経ってみてようやくわかった。もうこの番号はぼくのものであり、かかってくる電話もぼく宛なのだ。向こうは相手がHさんかどうかなど、構いやしないのである。この番号を誰かが使っていればそれで十分であり、そいつに電話をかけることが目的なのである。だからやっぱり、これは間違い電話ではなかったのだ。

歯医者を変える

 少し前から左側の前歯に鈍痛があったのだが、だんだん歯茎にも違和感(痛みというよりはムズムズした痒み)が出てきたので最後にかかった歯医者に行ってレントゲンを撮ったところ、根の先端が腐って膿がたまっていることがわかった。前に虫歯を治療をした歯なのだが、被せ物をしたところから菌が根へと広がっていったらしい。思えば副鼻腔炎をやったときの重たい感じに似ていたので納得である。もちろん神経も死んでいるので、穴を開けて中を綺麗にし、薬を入れてまた蓋をしようということになった。それで3回ほど通っていたのだが、いかんせんその歯医者、30分程度しかやりたがらないようで、いつも中途半端に中をひっかかれて帰され、その後がやたらと痛かった。それも2日くらいすると引いてしまうので、耐えられないほどではなかったのだが、先々週末、ついに強烈な痛みを覚えのたうちまわることに。ところがいつもの歯医者、日曜は休みである。2日ほど耐えれば次の診察日なのだが、とても半日も待てそうにないし、こうも痛いと他のことがなにも手につかない。寝ていても痛くて埒が明かない。治療を進めていたのになんで途中でこんなことになるのか。やはり毎回ちょっとだけやってすぐ仮蓋をしてまた来週という繰り返しなのがよくない。物事のプロセスがあるのはわかるし、今なにをしているのかもわかるのだが、今どういう状態になってきてこれからどういう見通しなのかも説明されないので甚だ不安である。だいたい前にかかっていたときもそういう不満があったので、今度歯がどうかしたら違う歯医者にしようと思っていたのだった。ところがいざ歯がどうかするときというのはそういう余裕がないので、ついつい最後にかかっていたところに行ってしまうのだ。今回の治療を始めて3回ほど通ったあとだったが、こうなっては仕方がない。というわけでその日やっている歯医者に行くことになった。
 駅ビルに入っているその小綺麗な歯医者に行くと、時節柄か診察台に備えられている40インチはありそうな画面でエディ・マーフィ主演の『ホーンテッド・マンション』を流していた。随分久しぶりに観たが、レントゲンやCTの結果が画面に映し出される以外の合間に観ているだけでも、あまりおもしろくないのがわかる。アナハイム版とオーランド版(東京版と同じ)の折衷のような屋敷の外観も中途半端だし、肝心のゴーストのキャラクターもいまいちである。エディ・マーフィの振る舞いが笑えるのがせめてもの救いだが、それも別に全体の雰囲気に合っていない。そのあえてのミスマッチさでおもしろさを出そうとしたのかもしれないが、いまいち効果が出ていない印象。すだれ柳が沼に覆いかぶさっているような南部アメリカ(実際にロケ地もルイジアナだったらしい)のゴシックホラー感を出そうとしているのはわかるが、それならもう少し屋敷やその土地のバックグラウンドをより詳しく語るか描くかしたほうがよかった。自分の歯列のCT画像と、リック・ベイカーが担当したという骸骨だかゾンビだかが交互に映されるのはおもしろく感じた。
 問題の歯の根の状態としては非常に炎症を起こしているので、いずれにせよこれが沈静化しないことには処置が難しい。ということは2日ほど耐えて元々かかっていた歯医者に行っても仕方がなかったどころか、もしかしたらこのまま処置を続けられて悪化したかもしれない。その日はとりあえず抗生物質と鎮痛剤をもらい、次の予約を取って終わった。本当はすぐにでも仮蓋を外して中の膿を抜いて欲しかったが、仕方がない。医者の言う通り、もらった分の薬を全て飲み終える頃には、痛みも腫れも引いていた。もちろんその間、元々の歯医者に行くのはやめた。もうよかろう。
  そうして今週、治療に入る前に工程や最終的な処置についてかなり詳しく説明された。そもそも歯の根がどうしてそういう状態になったか、どういう作業をしていくのかというのを一通りの簡単なCGアニメにして見せてくれたのだが、それが非常にわかりやすい。以前のところでは口頭で簡単にしか説明されなかったので尚更である。なによりはっきりした病名を告げられたのも大きい。根尖病巣というらしい。前のところではそんな用語は一切出なかった。不思議なもので、名前がつくだけでどこか安心するところがある。
 これが結構が大事だそうで、抜歯の一歩手前と言っていいらしい。ぼんやりと無難な感じで状況を説明するより、はっきりそう言ってくれたほうがずっといい。でないと自分の状態がわからずとても不安である。当面は前のところでやっていたように根の洗浄と消毒を症状がなくなるまでやるのだが、最終的には露出している分の歯を削り取り、その部分だけ差し歯にする。大事には違いないが根自体は残るのでいいだろう。どうしてそうするかと言えば、神経がなくなると歯自体の強度が下がり、そこに半端な被せ物を繰り返すだけではもろくなる一方であること、被せ物だけではまたそこから菌が入って同じ症状になりかねないから、というらしい。それらは全て動きのあるCGと、医師とは別にデンタルカウンセラーからかなり丁寧に説明されたので、何事にも理解の遅いぼくにもすんなり理解できた。
 とは言え30代にして早くも一本差し歯になることになんとも思わないわけでもない。とにかくぼくは子どもの頃からよく虫歯になったものだが、これはもう体質的なものかもしれない。ものすごく歯磨きや飲食に気をつかっているわけでは全然ないが、おそらくそれだけでは防げないのではないかと思う。まあこれくらいで済んでよかったと思おう。そして歯医者を変えてよかった。
 とりあえずはその日からも、歯の中から根に向かって器具を入れて膿やら残留物やらを掻き出して洗浄したわけだが、結局前の歯医者ですでに3回はやったことをまたほとんど最初からというような感じで、その3回の間に特に改善した様子もなさそうであった。その日診察台のディスプレイで流れていたのは『崖の上のポニョ』であった。

瑞丸、クルマを買う

 夏にふと思い立って車を買った。先月の納車から丸1ヶ月が経った。1/64ではなく1/1スケールである。
 前々からいずれは自由に移動したい、すべき、と思っていたのだが、いろいろな理由が重なってそのタイミングが来たようだ。微妙に遠い上に交通の便が悪いぼくの地元にも気軽に行けるし、目に見えて老いてきた犬をぽつねんと留守番させることもなく、一緒に出かけられる。子どもと犬がいると、鉄道にだけ頼るのはなかなか厳しいものを感じる。そういうわけで、真夏の午後にブルーシールのアイスクリームが載った飲み物を手にしながら、目の前の細い路地を赤いフィアット500がすうっと通り過ぎていくのを見て、いい加減に車を買おうという話が夫婦の間にのぼったのだった。
 もちろんそれは、ぼくが免許を取る前から、子どもの頃からフィアット500に憧れがあったからなのだが、現実問題として子どもと犬のことを考えるとツードアのコンパクトカーでは手狭である。そこで妥協案としてあがったのは形のよく似たルノー・トゥインゴである。元々これは友達がいずれ乗りたい車として教えてくれたものなのだが、形と色さえ趣味に合えばぼくとしては不満はないので、すぐこれに決めた。件の友達より先に買うことになり、さぞ苛立たせたことだろうと思うが、その彼も最近購入を決めたらしいので、それもまたひとつのタイミングになったと思えばまあいいだろう、と勝手に思っている。
 さて免許を取ってから4年が経っていたわけで、さすがに不安が大きくかなり緊張したのだが、ペーパー教習を受けてみるとこれがあっさり感覚が戻ってきて特に難しく感じることはなかった。それが9月の中旬頃のことなのだが、なんだか遠い昔のようである。もうちょっと年月が経っていたらあれほど早く感覚が取り戻せたかどうかわからないし、一度も運転しないまま二度も更新するのはもったいなかったので、そこもまたちょうどいい時期だったかもしれない。
 それから1ヶ月、ちょっとした用事にもできるだけ乗るようにしていたら、すっかり最初のような重い不安はなくなった。全然不安がなく緊張もしないわけではないが、むしろそれくらいは残っていた方が正しいのだろう。とても調子に乗るような気にはなれないし、初めて行く道はやはり肩に力が入って耳あたりまで上がってしまう。大型車とすれ違うときに意味もなく肩をすぼめずにはいられないし。
 とは言え先週末、初めて家から車でディズニーランドに行ったのは、なかなかよく走ったと思う。田舎の出のひとは皆そうだと思うのだが、両親がともに車を運転する環境で育つと、どうしても大人とは車を運転するものという頭になる。今日日いろいろな大人がいるだろうが、個人的にはこれでようやく大人になれたような気がする。と同時に、帰り道に後部座席で娘が寝息を立てているのを見て、チャーリー・ブラウンの言う「後部座席の安心感」というやつを、ぼくは二度と味わうことがないのだと気づいたりもするのだった。

ドラゴン退治

 世界の隅々が謎に包まれていた大昔、とある王国がパニックに陥っていた。西の山脈を訪れた探検隊が、戯れに洞窟を調べたところ、そこで眠っていた巨大なドラゴンを起こしてしまったのである。そいつはかつて、のちに今の王国がおさめることになる領土を荒廃させるほど大暴れしたが、強力な魔術で眠らされ、半永久的に冬眠状態に入っていたのである。ところが、王国の繁栄とともにその存在は忘れ去れ、役人たちの立派な仕事ぶりによって、封印に関する記録さえも失われてしまっていた。1000年ぶりに目覚めたドラゴンは、まるで昨日やりかけていたことでも続けるように、眠らされる前にやっていた仕事を再開したのだった。
 大勢の兵士たちがドラゴンに向かって差し向けられたが、当然ながら歯が立たない。集められるだけの投石機や、武装した象の戦車隊が送られたが、これも瞬く間に壊滅した。兵士が送り込まれるだけ、ドラゴンの足元には死体の山が増えた。夫を失った妻たちの怒りは凄まじく、毎日のように各地の役場が襲撃された。もちろんこれを取り締まる兵すらも残っておらず、毎晩のように各地の領主たちが城から逃げ出した。連日、村や町から荷車や馬車、人々の列が吐き出されていたが、やがて無人となった村はドラゴンが口から吐き出す、緑色に光る炎によって焼き払われた。ドラゴンによって焼かれた跡は不毛な地となった。
 もはや王国は崩壊寸前である。国王は自らの無力さを嘆いたが、まだ逃げ出さずに宮殿に残っていた大臣のひとりが、こう進言した。前回ドラゴンを封印するのに使われた魔術は、魔術師に代々受け継がれているはずである。そうでなくとも、その魔術を記した書物さえ残っていれば状況は打開できるのではないか。それを聞いた国王は自ら筆を取り、東のはずれの村に住んでいると言われている、国で唯一の魔術師に手紙を書き、それを伝令に託した。宮殿でいちばん速い馬を与えられた伝令は、東に向かって出発した。
 二日後、言われた村にたどり着いた伝令は、住民の半分以上がすでに避難してしまった村で、魔術師を探してまわったが、見つかったのは想像していたような豊かな白ヒゲをたくわえた老人などではなく、自分と変わらない年頃の青年であった。それでも他にそれらしい人物もいないので、伝令は青年を信じて国王から手紙を渡した。青年魔術師はもちろんそんなもの読まなくとも事情を察していた。彼はすでにドラゴンを再び封印する方法を探していたのだが、まだそれは見つからなかった。彼は別に封印に関わった魔術師の子孫でもなければ弟子筋でもなかったのだ。伝令は半ば失望したが、ともかく魔術師はドラゴン退治を了承しているのだから、それを国王に報告するため来た道を引き返して宮殿を目指した。
 さて、青年魔術師には実のところドラゴンの退治方法がまるで見当つかなかった。彼もかつては名の知れた魔術師に弟子入りしていた身だが、いろいろと失態をおかして破門されて久しいのである。そんなことだから、手元には見習いが読むような教本くらいしか残っておらず、伝説的なドラゴンを封印した呪文が載った貴重な本など彼の小さな本棚にはなかったのである。教本のほかは料理本と、自己肯定感を高めるという触れ込みの自己啓発書が数冊くらいであった。元師匠に助けを求めたほうがいいだろうかとも思ったが、そんなことをするくらいなら、今から単身丸腰でドラゴンの足元に行ったほうがマシに思えたし、元師匠も今頃は同じ問題に頭をひねっていることだろう。国王からの依頼があろうとなかろうと、近隣諸国の魔術師たちがすでにドラゴンの封印方法をカビ臭い本棚から探し出そうとしているはずである。そう考えれば、別に自分がなにかする必要はないのではないか。あとはプライドの問題に思えた。今頃伝令から報告を受けた国王が、自分に期待をかけているに違いない。
 一方、伝令は宮殿に戻る途中でドラゴンの襲撃に巻き込まれて死んでいた。国王のもとには魔術師がドラゴン退治を請け負ったという報告が届かないまま、宮殿はいよいよ恐慌状態に陥っていた。
 そうとは知らない青年魔術師は、自分が王国の最後の望みだと信じることにして、とりあえず持てる装備を全て持って、襲撃を終えたドラゴンが必ず休息のために帰っていく西の山脈に向かうことにした。眠りから覚めたとは言え、その身体はまだ呪われており、封印の地である洞窟に繋ぎ止められているのである。青年魔術師は、知り得る限りの魔術を総動員して、ドラゴンが留守中の洞窟に罠を張ることにした。
 その頃、魔術師社会の除け者である青年魔術師には知る由もなかったし、魔術に対して疎かった国王も思いつかなかったことだが、近隣諸国の著名な魔術師たちが密かに一同に介し、件の王国で暴れているドラゴンをなんとかしようという話し合いが持たれていた。当然、前回ドラゴンを封印したときに使われた魔術はすでに確認されており、あとはそれを改良してより強力にするだけであった。大魔術師たちは、青年魔術師同様に封印の地に向かって魔法をかけることにした。もちろん彼らは遠隔からそれができるので、西の山脈に向かう必要はなかったし、現地で青年魔術師がどんな罠を張ろうとしていても、それは丸切り無意味なので不都合なこともなかった。
 数日後、都合三頭の馬の命と引き換えに、青年魔術師は西の山脈に到着し、ドラゴンの洞窟に向かった。それはすぐに見つかり、彼は発光クリスタルを取り出して洞窟の中を進んだ。
 それと同じ日数をかけて、近隣諸国の偉大な魔術師たちは数人がかりで呪文を唱え続けていた。周囲を忙しく駆け回る弟子たちによって魔法陣が何度も書き直されたり書き足されたりし、複雑な魔術が進行していく。
 西の山脈では日が暮れ始めており、ドラゴンが一日の仕事を終えて、大きな翼をはばたかせて山に帰ってきた。ドラゴンは今日、ついに王国の心臓部、宮殿とそれを取り巻く首都要塞を壊滅させてきたのである。青年魔術師はすでに存在しない王国からの希望にこたえるため、洞窟を進んでいたが、やがて、大きな地響きとともに家主の帰還を知った。罠を張るには遅すぎた。
 同じ頃、ついに大魔術師たちの大掛かりな魔術を完成させた。それは遠く離れた西の山脈に向かって作用し、洞窟はおろか山脈そのものを紫色の炎で焼き尽くそうとした。もはやこれは封印の術ではない。魔術師たちはドラゴンを完全に滅ぼすつもりで、山とドラゴンとの絆を利用して呪いを完成させたのだ。
 突如現れた紫色の炎によって、暗い洞窟が昼間のように明るくなり、青年魔術師は洞窟の広大さと、ドラゴンの姿をはっきり目にした。しかし、そのときにはすでに青年魔術師もドラゴンも、紫色の炎になすすべもなく飲み込まれたのであった。痛みも苦痛もほとんどなかった。青年魔術師とドラゴンは、最後の瞬間に違いの瞳を見ていた。山脈にいた生き物と言えば、彼らだけであった。
 西の山脈は消え失せた。魔法陣の中心にいた大魔術師は、精神と肉体の全てを使い果たし、絶命した。それはかつて青年魔術師を破門した男であった。
数ヶ月もすると、領土のはずれや近隣諸国に避難していた人々が、荒廃と引き換えに平和を取り戻した故郷に戻ってきた。大魔術師たちの放った魔術は、ドラゴンの破滅的な炎とは異なり、かつて山脈があった場所に出来た広大な平野に、豊かな草原を生み出した。呪われた山脈がなくなった王国はここから復興するのである。人々は山脈もろともドラゴンを滅ぼした偉大な魔術師をたたえて、草原の中央、ちょうどドラゴンの洞窟があったのと同じ位置に、像を立てた。偉大な魔術師の弟子が同じ場所で眠っていることは誰も知らない。

自分の主成分

20年前の夏休みのひとコマを書き留めるため、一切の記録がない状態でいろいろ思い返していたら、自分でも思いがけなかった場面が思い出されたりして驚いた。これほど遠い過去について頭の隅々まで漁ってみたのは初めてかもしれず、結構頭が疲れた。というか痛くなった。
脚色というようなことはほとんどしていなくて、むしろ書かないでおいた部分も多い。このことまで書いていたらさすがに脱線しすぎて戻ってこれなくなる、というようなところが多いし、個々人のプライバシーに関わりそうな部分はもちろん伏せている。要点だけははっきりしたように思う。
いろいろ思い返しながら書き出しているうちに、だんだん記憶に没入していく感覚があり、「今」が希薄になっていく気さえした。案外、思い出そうと頭を絞ってみるとそれくらい思い出せるということだ。
そこで感じたのは、自分はあの夏休みの感覚からだいぶ離れてしまったのではないかという不安である。月並みな言葉で言えば、遠くに来てしまったみたいなやつ。もちろん過去のどの地点からも離れてしまっているのだが、あの頃見聞きしたもの、感じていたこと、思い切り身を沈めていた匂いから、とても離れてしまったのではないかと思う。未だにフィギュアのブリスターパッケージを破くように開けるのも、SWを好きでいるのも、絵を描き続けているのも、思えばあの感覚を繋ぎとめておきたいからなのかもしれない。それによって、かろうじて自分の中になにかが残っていればいいのだが。しかし一方で、さっさと思い出は思い出として一線を引いてしまったほうがよい、とも思うし、実はすでにそうしているのかもしれない。いずれにせよ、今回いろいろ思い返してみて、あの夏休みは自分を作った主成分のひとつだとわかった。

2002年の夏休み

あまりこういう実際の思い出話を書いたことがないので、今ここを書き出している時点で少し躓いているのだが、とりあえずやってみようと思う。これについては一度書き出しておいた方がいいと思っていたし、ちょうど20年というところで、書き留めておくにはいい機会だろう。

その夏休みになにがあったかを書くには、とあるひとがこの世を去ったことから書き始めなければならない。こういうふうに他人がいろいろと関わってくるので、思い出というのは書きづらいところがあったのだが、ぼくはひとりで生きているわけではないので、経験を書くためにはやはり他の人々にも登場してもらわなければならない。とは言え気恥ずかしさは否めないので細部は端折ったりごまかしたりするし、人物は皆登場順にアルファベットで呼称する(26人以上登場する場合はどうするのだ)。あくまでどういう夏休みだったかということを説明するだけのメモなので、ディテールは最低限にとどめたい。登場する人たちにも失礼のないようにしたい。

Aさんというのは、陶芸家であるぼくの父が焼き物を卸していた陶器店の社長B氏の奥さんで、この夫妻はぼくのとても古い記憶からすでに登場する。品物の搬入のたびに連れていかれたし、父がさらに遠方に用事があった際などは中継地点としてそこの家に預けられるといったこともあったらしい。幼少の時点で何日もひとりで預けられたこともあるそうな。確かにとても古い記憶をたぐり寄せてみると、長くて色の濃い板張りの廊下を四つ這いになって這いずり回っているという主観場面があるような気もする。そういう様子を父からよく聞かされたせいで自身も記憶している気になっているだけかもしれないが。

ディテールは最低限と言いつついろいろと思い出してしまうのだが、とにかくぼくはそこでよくしてもらった。ついでに弟も。Aさんはぼくらが訪れるたびにニコニコしながら出迎え、滞在中はずっと相手してくれたし、夫妻の息子さんのCと娘さんのDもこの生意気な子どもとよく遊んでくれた。Aさんは旦那さんの陶器店のうちひとつを取り仕切っているので、父が別に用事がある際はぼくもよくそこに連れていかれた。店の中の一角で陶器の包装紙の裏に延々と絵を描いている子どもを、Aさんが馴染みのお客さんに紹介するときの口上はよく覚えている。「そのお皿を作った先生のところのお子さんでね」

そんなAさんは2002年の7月に亡くなってしまった。詳細は省くがなんらかの病である。当時大人たちの会話から病名やその過程はいろいろ聞き取ったのだが、もう忘れてしまった。

思い返せば最後にAさんに会ったのはその前年、2001年の11月末頃のことである。映画『ハリー・ポッターと賢者の石』の公開を目前に控えた時期だったからよく覚えている(その公開日は12月1日だった)。B氏邸に向かう父の車が道中都内を通り抜けるとき、車体を幼いダニエル・ラドクリフたちの顔でラッピングされたバスを見かけたし、立ち寄ったトイザらスでは初めて所狭しと並んだハリポタのレゴを見て圧倒され、店内でかかっていた予告編にも見入った。買ってもらったのは品番4701「組み分け帽子」というほんの小さなセットだ。

さらには滞在中に、まだ持っていなかった「アズカバンの囚人」をAさんに買ってもらい、そこで読み始めたのだった。そんな状況下で読んだから前の二冊よりも楽しさは倍増だった気がする。今でも「アズカバン」はシリーズ中でも特にお気に入りの巻だ。

そういうわけでSWの夏が来る前には、ハリポタの晩秋があった(それぞれにぴったりの季節である)。そうして、これがAさんに会った最後となった。最後に交わした言葉は必然的に別れの挨拶だった。また来年の夏に、とかなんとか言ったのだと思う。またおいで。ぼくは靴を履き、振り向き様にさよならを言って、一足先に階段を降りていった父を追いかけ、4階建ビルの最上階を占める夫妻の部屋を後にしたのだ(前述した、ぼくが四つ這いで廊下を這っていた家からは移っている。父は前の家を「山の家」、新しく移ったこの川沿いのビルを「川の家」と呼んだ)。次にこの建物を訪れるのがお通夜だとは、このときのぼくには想像もつくまい。

その夜、お風呂からあがると、電話が鳴って、それを母が取った。相手はB氏であり、内容はAさんの訃報であった。直後、遅れてお風呂から出てきた父が母からそれを聞かされる。半年会っていないAさんが、さらにこの先ももう会えないのだということが、ぼくにはなんだか鈍く響いたが、それが知っているひとの死を聞かされた最初だった。もちろん始めはなんの実感もわかない。学校を休んで(親族ではないから忌引にはならないのだが、先生には母からことの重大さが説明されて欠席となったと思う)、父の車に乗ってB氏邸に向かっている間も、どちらかと言えば学校を休んで遠出をしているということのほうが大きくて、おかしなテンションにあった気がする。それが、だんだん目的地が近づいてくると、前はあんなに待ち遠しかったあのビルへの到着が、なんとなく重々しく感じられるようになってきた。端的に言えば緊張していた。そうして、いざ着いてみると、ビルの前にはすでに黒だかりが出来ていた。小さい頃会ったことのあるひと、毎年ここで会っていたひと、大勢の知らないひとたち。

恐る恐る奥へ進むとぼくが知っているのよりやや若いAさんの遺影があって、棺があった。やはりそれも、ぼくが亡くなったひとの顔を見た最初だった。眠っているように見えるが微動だにせず、知っているひとのようで知らないひとのようにも見える不思議な感覚。あれは今でも忘れない。もう朝方家を出たときとは全然違う気分で、悲しいやら恐ろしいやら、とにかくとんでもないことが起こったというショックを受けて、なにも言えず、考えられなくなった。前夜母に勧められて、思いつく限りいろいろな絵を描いた紙をまとめた封筒を、B氏に断って棺に入れると、その場から離れた。父と、ほかの何人かのひとたちと一緒に一旦4階へと上がっていく。そこでなにか振る舞われたのだろうが、もうあまり覚えていない。前年の11月にここを発つとき、まさかこんな形で戻ってくるとは思いもしなかった。

その後もとても下に戻る気分になれず、また父が無理をしなくていいと言うので、今考えればぼくは皆と一緒に下へ行ってお通夜に出るべきだったのだが、そうしなかった。誰かしらがついてくれたりもしたと思うが、やがては部屋にひとりになり、毛布にくるまってそれまで感じたことのない心細さでぼんやりテレビを眺めていた。そういえば初めてSWのVHSか何かを観たのもこの部屋だったはずだ。「ピーウィーのプレイハウス」を観たのも、フライシャーのベティちゃんを観たのもこの部屋だった(どれも渡米していたDによってもたらされた)。父を含めた大人のひとたちが何度か、なにかの用事で出入りしたが、それ以外はしばらく本当にひとりだった(この際初めて父親が泣いているのを見て、それもまたショックでもあった)。疲れて横になると、ずっと下の方からくぐもった音楽が聞こえてきた。

これがその年の夏休み前夜の出来事である。長くなったし、まだ夏休みが始まってもいないのだが、この経緯を説明しなければあとのことがいまいちうまく説明できない気がした。それから夏休みが始まって数日後、ぼくはいつの間にかひとりで一週間ほどB氏邸に泊まることになっていた。8月の頭に父が用事で再び訪れるまでの間である。

今思えば、毎日日記を書くべきだったが、ただでさえそんな几帳面さとは無縁な子どもだったぼくは、B氏邸での気ままな生活の中でそんな記録など一切していられなかっただろう。だから、全ては記憶に頼って書いていて、出来事の順序は大まかにしかわからないが、それでも大雑把にダイジェストでお送りするなら、まず思い出されるのはB氏がAさん同様によくしてくれたこと。今や最上階でひとりで暮らしているB氏は、ぼくを快く迎えてくれて、日々楽しく過ごさせてくれた。B氏とたくさん話をしたし、夜中までふたりしてケーブルテレビでわけのわからない映画をぼんやり観ていたこともある。朝になると階下の部屋で暮らすCとその奥さんのところで朝食を食べる。昼間は、Aさん亡き後B氏が出るようになった陶器店に行く。何日かそうやっていると、Dが現れてぼくを映画に連れ出してくれた。

そこで観たのがなにを隠そう『クローンの攻撃』だった。まともな映画館で映画を観るのも、SWを映画館で観るのも初めてだった。その少し前に金曜ロードショーで観た『ファントム・メナス』のストーリーも半分わかっていないような怪しい状態で観たわけだが、それでも夢中で見入った。ラストシーン、戦争が始まってクローンの軍隊が整列して輸送船に乗り込むところで高らかに「インペリアル・マーチ」がかかり、全てが繋がった気がして感動した。アナキン・スカイウォーカーがこの後ダース・ヴェイダーになるように、この兵士たちもこのままストームトルーパーへと変貌するのかと合点が行ったのである。Dが買ってくれたパンフレットはもちろんまだ手元にある。繰り返し見過ぎてボロボロで、テープで相当補強してある。

先にも少し触れているが、ぼくが基本的に好きだったものは大抵の場合このDからの影響が強い。ピーウィー・ハーマンもアードマン作品も彼女が持ち帰ったらしい原語版のVHSで観て夢中になった。字幕さえないが、それでも観ていて楽しかった。『ナイトメアー・ビフォア・クリスマス』以外のティム・バートン作品を教えてくれたのもそうで、『ナイトメアー〜』のメイキング本などのバートンの関連本を貸してくれたからこそ、ぼくはその世界観を知ることができた。バートンの絵本の影響で、絵を描くことにそれまでとは違う種類の楽しさを感じたりもした。で、SWにしても、もちろんそれ以前からペプシコーラのおまけやハズブロのフィギュアのせいもあって好きになりつつあったが、DがEP2を劇場で見せてくれたことは大きかった。ぼくが興味を持ったものはだいたいDがすでに知っていて、さらに掘り下げてくれたものだった。

EP2鑑賞を挟んでしまうと、もう残りの滞在中も頭の中はSWばかりだったが、7月の終わり頃、一帯で花火大会があった。ビルの前の川を挟んだ対岸で花火を打ち上げるので、屋上に上がると大変よく見えた(翌朝ベランダには無数の花火の玉の破片が落ちていて、うれしくなってそれをひとつ持ち帰った覚えがある)。

C夫妻とともにちょっとしたドライブに出かけた日もあった。そんな日々だから、ぼくも大人になったら、こういうふうによその子どもの面倒を見たりするのだろうか、とぼんやり思ったこともあった(実際にはそんな機会が来る前に自分の子どもが生まれたのだった)。ある夜はB氏に連れられてライブハウスなどに行ったりもした。子どもが行っていいところだったか、今や知る由もない。いろいろな大人を見た気がした。ぼくはどんな若者になるのだろうかと、いろいろな期待を抱いた。

今にして思えば、それらはB氏一家がAさんを失ったのと同じ月の内のことである。ぼくは妻と母がいなくなった家に転がり込み、夏を過ごしていた。本当は大変な時期だったはずだが、皆ぼくを退屈させないよう相手してくれて、当の子どもはいつまでも続くかのような楽しい日々の中、ほんの二週間くらい前にまさに同じ部屋で味わったあの言いようのない寂しさを思い出さないようにしていた。時折、なぜこんなに楽しいのにAさんがここにはいないのだろうかと、不思議な感覚があった。毎日B氏とともにまだお骨が載っている仏壇に線香をあげるたびに、Aさんはいないのだなあという現実を思い出した。線香と一緒に生前吸っていた銘柄の煙草が立てられていたのを覚えている。

間も無く父が再びやってくると、調子に乗った息子の姿を見るわけだが、滞在はまだもう少し続いた。その後街角で見つけたアメトイショップで、SWや『ナイトメアー〜』、その他諸々舶来作品のグッズで埋め尽くされた店内に感激して、小遣い握りしめて逡巡したりもするのだが、まあそれはいいだろう。

そういえば、鉛筆削りを使わず、カッターで削るやり方を教えてくれたのはB氏だった。これ以降ぼくは学校でも鉛筆削りを使うのがバカらしくなってしまい、その後専門学校に入ってデッサンの授業などが始まって本当にカッターによる鉛筆削りの技術が有用になると、心の中でB氏に感謝したものだ。もちろん他のことも感謝しきれないのだが。

これを書いている最中、気になってGoogleマップであのビルを調べると、すぐに見つかった。住所など知らないが、川の前、橋のふもとにあることだけは覚えているから街さえわかっていればそれほど難しくはなかった。果たして旧B氏邸の4階建のビルは、壁面を塗り替えられているだけで20年経った今もそこに建っているらしい。ぼくが悲しんだり楽しんだりしていた部屋も、ストリートビューから見えるし、入り口の階段を見た途端クラッとした。ぼくはよく期待を込めてそこを駆け登ったものだ。B氏たちはもうここには住んでいないし、お店の方もなくなっている。ぼくがそこで過ごしたのは、あの夏が最後となった。

ともかく、その夏休みはぼくに強烈な印象を残した。自分の中でのSWが始まり、落書きでなく、絵を描くことを覚えた夏でもある(傍目には変わらなかったかもしれないが)。ぼくが2002年の夏を特別視するのはこのためだ。もちろん、Aさんのことがあったのも忘れられない。

夏休み明け、ぼくが発表した自由研究はティム・バートンの経歴と、当時までのフィルモグラフィーのまとめだった。Dから借りた本を参考に、絵を交えながらB4くらいの新聞のようなものを作った。今とやっていることは変わらない。というより、そのときから始まったのだと思う。そして、今でもアメトイのお店で逡巡している。

Attack of the Clones (2002)

多分この月末(25日〜27日あたり?)で『クローンの攻撃』を劇場で見て20年が経った。今でも自分のSW観の支柱にはコルサントの摩天楼や闘技場のあちこちで煌めくいくつものライトセイバー、赤い砂漠を埋め尽くす軍勢、銀ピカの賞金稼ぎの姿がある。

当時は余計な知識が全然ないので知る由もなかったが、今になって考えてみればこのEP2にはジョージ・ルーカス個人にとって大切なものがいっぱい散りばめられているのではないだろうか。黄色いホットロッドのようなスピーダーで摩天楼の間をカーチェイスするくだり、エイリアンがうごめくダイナーや、ローラースケートを思わせる車輪で移動するウェイトレス型ドロイドなどは言うまでもなくルーカスの青春を描いた『アメリカン・グラフィティ』からの引用だが、昆虫型異星人(ジオノージアン)に囚われた友(オビ=ワン)を助けに銀色のロケット(ナブー・スターシップ)で駆けつけるなんていうのは典型的なパルプSFやスペースオペラのイメージではないか。惑星ジオノーシスの赤い砂の地表も、昔から地球にとって代表的な異星である火星のようだ。ルーカスは自分が親しんできたものを単なるノスタルジーで終わらせず、新しい形で新しい世代に見せる術を心得ていたのだと思う。少なくとも当時10歳のぼくには刺さっている。

2002年の夏休みというのは、EP2を観たことのほかにもたくさん重要な思い出が詰まっている。恥ずかしいくらい月並みな響きがあるが、特別な夏だった。あれほどの夏は二度とあるまい。それについては別にゆっくり書いてみたい。

「ネオソフビシリーズ バルタン星人」

「ネオソフビシリーズ バルタン星人」(NEOPLAYERONE製/円谷プロ許諾取得)
ワンダーフェスティバル2022夏で販売されたソフビのイメージイラストを制作しました。
袋に入れた際の台紙となる前提だったので、アイテム名やブランドロゴなども入れて少しデザインらしくなっています。ワンダーフェスティバル限定でのアイテムになります。
*フィギュアの原案を描いたのではなく、すでに制作されていたフィギュアに対し、あとからイメージイラストを描いたのみです。

カラフルな表面
裏面は色数を絞り、個人的にも好きなレトロトイの仕様説明のような雰囲気にしました。
袋詰めされた様子。ヘッダーのデザインも制作しました。

おもちゃ好き、フィギュア好き、そして怪獣好きとしてとてもうれしく、楽しかったです。フィギュアのパッケージに携われたことも感動ですが、自分でも出来上がった絵を見て、やはりおもちゃが好きなんだなと改めて思いました。デザイナーズトイへの憧れや、自分のおもちゃを作るという夢があったことも思い出しました。

Yurucamp △

TVシリーズを2期とも観てからずっと楽しみに待っていた劇場版、初日に観た。お馴染みの面々が大人になってからのお話というのを聞いたときは、あのモラトリアムの中でキャンプに行くのが楽しいのに、どうかな?などと思ったのだが、モラトリアムを飛び出して時間を前に進めた(別に高校時代を描いた本編も時間は進んでいるのだが)からこそ描ける「ゆるキャン」だった。

キャンプするだけだった高校生時代から、キャンプ場を作るという大人ならではのスケールアップもよかったし、ほぼなにもトラブルの起こらなかったTVシリーズに対して、ある程度の障壁も立ち塞がるのも劇場版という感じ(もちろんゆるキャンらしいゆるやかな障壁である)。ああいうタッチの作品なので、時間の経過を感じさせるのは少し難しそうだったが、それでもメインキャラたちには大人びた気配があったし、元から大人だったキャラ(親とか)もそれなりに老けた感じになっていた。なによりすっかり老犬となった「ちくわ」はそれら全体の時間経過の象徴とも言えて、こいつは明らかに最期に近づいている感じがしてハラハラしたのだが、それだけの時間が経っているのだということがわかりやすい。クライマックスで志摩りんが高校時代に乗っていたビーノと再会するシーンも同様で、傷だらけでどこか古ぼけたビーノが、TVシリーズから随分遠くまで走ってきたという感じを伝えていてよかった。

高校時代の楽しかった思い出を振り返りはするが、その再現を求めるだけでなく、成長してできることが増えたからこそ、経験を活かして新しいことをやってみるという前向きな感じが、ゆるキャンらしさもあっていいなと思った。ちなみにイラストは今作と関係ない、TVシリーズからお馴染みのイメージ。コミックも読み始めたが、これは寝る時に布団の中で読むのがいい。

The Girls of Medarot

コミックを新装版で読み返し、アニメ版(もちろん無印の方)も全話観た。コミックはやはり絵がキレキレで、児童向けコミック誌の連載とは思えないほど大人びた内容(当時惹かれた理由もそこにある)。ロボットとの友情、人工知能の是非はもちろんだが、小学生が日常で抱く疑問、大人たちの不満、さらには生き物好き(特に爬虫類や昆虫だと思うのだが)の作者ならではの外来種問題への言及など、答えのない問いかけが多く、大人になった今の方が衝撃を受けるところが多かったように思う。いろいろな問題が出てくるが、最後の主人公イッキと相棒メタビーによる宣言、「オレ達はうまくやってみせる!」にかっこよさと希望を感じた。

アニメもまた基本キャラクターや設定はそのままに、独自のストーリーを描くのだが、ユーモアのセンスがすごい。こちらもまたメインターゲットの年齢層よりもやや高めを意識したようなノリが遠慮なく展開される(時代を感じるところも多いが)。コミック同様、メダロットは何者であるべきかという問題(友達なのか道具なのか、はたまた脅威なのか)、彼らはどこから来たのかという起源に迫っているところなどは、同様の問題に触れることをやめて永久のモラトリアムに入ってしまったポケモンでは絶対できないことだと思う。

本当にどのキャラクターも良いのだが、男の子たちを圧倒し続ける女の子たちが最高なので、それぞれのメダロットとともに描いてみた。

The Queen of Hope and Glory

在位70周年記念。実は2年前に亡くなったうちの祖母は同い年だったらしい。さらに同年の生まれにはマリリン・モンローもいたりする。エリザベス女王とマリリン・モンローとうちの祖母を並べるのも妙な話だが、同じ年に生まれた3人。全く違う人生だが、同じ時代を生きたのは確かで、特にその青春時代は大戦下である。まだ王女だった女王は女子国防軍に入隊して軍用トラックの整備にあたり、運転までこなしていたし、のちにマリリン・モンローとなるノーマ・ジーンは軍需工場で働いているところをスカウトされ、ピンナップガールとしてのキャリアを歩み始めることになった。一方その頃祖母はどんなふうに暮らしていたか、詳しく聞いたことはないが、やはり前述のふたりとは異なる視界だっただろう。同じ年に生まれながらもこんなにも違う、三者三様。そして、70年という月日にはさらに膨大な人生が流れていることだろう。在位70周年はその同世代の人生をも祝福しているように感じられる。女王陛下万歳、コーギーにご加護あれ。

「笑ゥせぇるすまん」

YouTubeの公式チャンネルでアニメ「笑ゥせぇるすまん」全124話イッキ見動画なるもの(通しで23時間くらい)が上がっていて、期限もあったのでできるだけ流しっぱなしにして全部観たのだが、これがとてもおもしろく、勢いで文庫版のコミックも全巻買ってしまった。藤子不二雄と言えば専らF派だったのだが、こんなにおもしろいとは。作者存命中にいくらでもその作品に触れる機会があったろうに、こういう追悼特集的なものをきっかけにその世界を知るというのは、若干後ろめたさのようなものを感じないではないのだが、しかし追悼特集もまた立派な入り口だろう。というかむしろそういうためにあるのではないのか。

一応断っておくがもちろんオリジナルのアニメ版であって、数年前の新しいやつではない。新版はNetflixにあったので、オリジナル版を見終えた勢いで試しに最初の方だけ観てみたのだが、新しいアニメだとやはり不気味さに欠けた(不気味さだけの問題ではなかったが……)。オリジナル版は平成初期の時代を感じるところも手伝って、怖さが独特なんだよな。原作タッチの再現度も高く、アニメオリジナルのエピソードもそれとわからないほどだった。ちょくちょく写真をコラージュするところもアバンギャルドだし(それゆえに時代をストレートに感じるのだが)、実際の東京の風景も出てくるので、景色が現在とで変わっているところなどは史料的だったりもしておもしろい。喪黒福造という怪人物の存在感を引き立てる画作りも印象的で、真っ赤な夕焼け空をバックに黒いシルエットが浮かんでいるシーンや、「新宿の目」という、それ単体で十分に怪獣的なモニュメントを背景に「商談」が交わされるシーンなどが気に入っている。

でも一番気に入っているのはやはり喪黒福造というキャラクター。得体の知れない怪しげな人物でありながらも、ところどころで人間味を見せるところがいい。お酒の大好きな客にはしご酒に付き合わされたときには、途中で顔を真っ赤にして目を回して倒れたり、捨てられそうになっていた不味い愛妻弁当を横取りして口にしたときは顔を紫色にして苦しんだり、チンピラに絡まれて形成不利と見るや走って逃げ出したりするなど、ちゃんと生きた人間であることがわかり、一気に親近感がわいた。彼も別に全知全能の無敵ではないのだ。ただ、人の心のスキマへの感度がめちゃくちゃに良く、悪意のない悪戯と善意からの嫌がらせが大好きなのである(最悪じゃん)。

丸っこいフォルムもいい。ガニ股でテクテク歩いてくる感じもかわいい。帽子を脱いだ丸い頭もいいのだが、後ろから後頭部が映るところがやたらとかわいく感じる。これはもう黒いドラえもんである。

メダロット

子どもの頃、ポケモンと並んで意外と好きだった『メダロット』。舞台は近未来で、古代遺跡から発掘された不思議なメダルを量産し、それを頭脳として開発されたロボット、メダロットが普及した世界。特に子どもたちの友達や相棒として人気で、そんなメダロット同士を対戦させるロボット・バトル、通称ロボトルが、ときにコミュニケーションとして、ときに喧嘩の代用として、そしてもちろんスポーツとして盛んに行われているという、まあ、ポケモンをロボットに置き換えたような感じだ。野生でうろうろはしていないが。

で、ポケモン同様ゲームを中心にそのアニメ化があったりしたのだが、ひとつ大きな違いはそのふたつのメディアに並んでコミカライズがあったこと。ぼくはこの漫画版が特に好きだった。ほるまりん先生の絵はシンプルな線なのにメダロットの立体感や光沢が感じられる。特に好きなのは手の描き方だった。余白の取り方もかっこいい。あとは組み立てキットなどのおもちゃが好きだったのだが、肝心のゲームは自分では持っておらず友達に借りるなどしてやっていた。同系統のゲームではポケモンに慣れていたせいか、若干難しく感じて、いつまでも借りているわけにもいかないので全然進まないうちに返していた。Nintendo Switchでゲームボーイ時代からのソフトが一式揃ったものがあるのでやってみようかなあ。

ホットヨガに行った話

春だからというわけではないが、ヨガに通うことになった。ホットヨガである。ニンテンドーのリングフィットなど使って部屋でもできる運動というのは多少やっていたのだが、いかんせん続かない。家の中という環境がダルすぎる。外に通えば嫌でもやらざるを得ないので、やってみることにした。
まずは体験に足を運んだのだが、ビギナークラスで体験予約を取ったはずが、よりによってちょうど特別なスケジュールを組んだ期間だったらしく、普段はビギナー向けをやっていた時間帯も変則的な内容になっていた。そういうわけで、なぜか「小顔&リンパマッサージ」の枠で体験予約をしてしまっており、そのことを当日の朝になって電話でスタッフが恐縮そうに知らせてきた。知らせてくれたのはいいが、それでどうすればいいのかをはっきり言わないので、思わず「それで?」と言いたくなったが、そこはぐっとこらえて相手の言わんとしていることを汲むことにした。ぼくももういい大人なので。つまりは「ぼくがそれでも構わなければ、ということですよね」
「ええ、まあ」
相変わらずはっきりしない応答である。要は受けようとしていた内容じゃないけどどうする?というだけのことなのだが、そこへ来て受けることになってしまった内容というのが基本的には女性向けなので、向こうも妙に気を遣ってしまっているのだろう。
それで結局そのまま受講ということにした。また日にちを改めるのが面倒だったし、どんな内容であれとりあえず行ってみないことには雰囲気が掴めない。なにより、ある頃からぼくはそういう、男性は自分だけというような状況が大して気にならなくなっていたところもある(もちろんそれが一般的に容認される状況であれば、だが)。専門学校のせいかな。自分が気にならなくとも周りがお気にする可能性もあるが、まあそこまでは考えまい。
いずれにせよ小顔であることに越したことはないので(ぼくは結構頭部が大きい)、小顔もリンパも大歓迎である。
で、大いに汗をかいてなんとなくシュッとした顔で帰ったら、妻がむきいいとなったのだった。最初の数ヶ月が無料になるということで、24ヶ月縛りで申し込んでしまったのだが、続くだろうか。

3月を振り返る
全然雑記を書かないでいたら4月である。3月はちょっと仕事が多くて、くたびれてしまった。で、たくさんあった仕事がひと段落してしまうとやってくる、あのなんとも言えないダルさみたいなものが今来ていて、特になにもする気が起きない。描きたいものやアイデアが全然ないわけではないのだが、いまひとつ勢いが作れない。そう考えると、なんだかんだ仕事をするにあたってそれなりにエネルギーを使っているのだなと改めて思う。当たり前と言えば当たり前だが。なんとなく仕事の絵とライフワークの絵とでは違う燃料タンクを使っているような気もしていたので、かりにそうだったとしても、動いているエンジンはひとつだったというのがわかり、そりゃ、「仕事の合間にもやはり絵を描いているのはちょっと異常」とひとから言われるわけである。描くものや描きたいベクトルが違うとしても、動力が同じなら、やはりそれを休めないことには次に進めない。それがわかってどこか安心したところもある。休んでいいわけだ。 下旬に差し掛かってワクチンの3回目を打ったのだが、これがまた前の2回に比べても独特のダルさと鈍痛に見舞われてしんどかった。熱こそ出なかったが、痛みでよく眠れなかったので、いっそ発熱して朦朧としながら眠ったほうが楽だったかもしれない。3日もすればもうなんともなくなったが。 あと、3月は映画を2本、劇場に見に行った。ドラえもんの大長編と、『ザ・バットマン』。思えばドラえもんの大長編を劇場で観たのは初めてだったので感慨があったのだが、娘と一緒に行ったので、ふたりして初の大長編は『リトルスターウォーズ』になった。 『ザ・バットマン』の方は、久しぶりに自分の中でバットタイムが来るくらいには気に入った。連載の仕事でも自分のアカウントでも感想を書くくらいには気に入っている。おもしろかった映画はそれくらい書きたくなるのだ。映画のイラストレビューは、雑誌での連載が終わってからというもの、自分からはいまひとつ描く気になれなかったのだが(今一度「観る」ということに徹したくなったので)、好きな映画に出くわすと余計なことを考えずとも描き出せる。この調子でまたいろいろ描けるといい。イラストの仕事は好きなものばかり描くわけにはいかないが、少なくとも映画に関しては好きな作品のことしか描きたくないものである。
Spider-Man: No way Home (2021)
大満足の完結編。歴代映画ヴィランが同じ俳優で登場するのは予告からわかるとして、当然ながら彼らがそれぞれ戦ったバージョンのスパイダーマンも噂通り登場を果たす。ぼくが観た劇場(レイトショー)ではアンドリュー・ガーフィールドがマスクを脱いで現れたときには歓声が、懐かしのトビー・マグワイアが地味な普段着と薄笑いで現れたときには笑いが起こり、観ている皆の雰囲気も非常によかった。 マルチバースのスパイダーマンが集合するというのはアニメの『スパイダーマン:スパイダーバース』でもやっていたが、これまでに実際にあった映画のスパイダーマンが一同に顔を合わせるというのは実写だから出来ることで、ついにこれが実現したかという感慨がある。特にサム・ライミ版はリアルタイムだったので思い入れも深い(これも今年で20周年)。 『スパイダーバース』同様、同じスパイダーマンだからこそ共感し合い励まし合えるところがいい。それはドラマの『ロキ』にも通じていて、本当に自分のことがわかるのは自分しかいないが、かと言って決して「独りよがり」な感じはなくて、温かくて前向きさが感じられる。どうもぼくは別バースから来た別の自分に遭遇する話に弱いらしい。文字通り自分はひとりではないというのがいい。
まだ冬は続く
ろくに日の当たらない道の端にまだ雪の溶け残りがこびりついており、積み上げられたゴミ袋の中に緑と赤のクリスマス柄の包装紙がちらほら覗いている。その包装紙が破られてから二週間くらいしか経っていないのに、もうすっかり季節は変わったように思える。我が家のクリスマスツリーもすっかり片付けたし、なんならお正月の飾りさえも玄関から外されている。毎年のことだがこの一連の時期の体感速度は不思議である。年末年始などまるでひと月くらいあるような感覚だが、実際にはいつもの月末から月初への時間と変わらない、たった数日のことだ。その数日の間が実に慌ただしい。そのソワソワした感じは嫌いではないが、あっという間にあの時間が終わってしまったのは少し寂しい。しかし、まだ寒い冬は続く。
新年
あけましておめでとう。ゆっくり過ごそうと思ったのだが、あんまりゆっくりしている暇もなく世の中は動き出しそうだし、かえってさっさと平常運転にしてしまったほうが身体も楽なので、なにかしようと思ってこれを書いている。結局去年もあまり文章を書かないで終わってしまった。絵はたくさん描けるようになったので、今年こそはブログをどんどん書きたい。 今年はいろいろと感慨のある年である。いろいろなことから20年が経ったのだ。まず『クローンの攻撃』公開から20年。ということは、それを劇場で観てSWに夢中になった夏休みから20年。ということは、ぼくがほとんど落書きのような絵葉書でお小遣い稼ぎを始めてから20年でもある。『ハリー・ポッターと秘密の部屋』の映画版公開から20年。初めて原作を読んで、同時に『賢者の石』が映画化されたのが去年なので、アニバーサリーは去年なのだが、もちろん『秘密の部屋』の映画も思い入れが深い。SWにしろハリポタにしろ、ここまでがシリーズ中で小学生時代に触れた作品なのだ。小学生で観るのと、中学になってから観るのとではまただいぶ違うだろう。 絵葉書のお小遣い稼ぎと今やっていること、根っこの部分では変わらない、なんてことを言うのがこういう場合お決まりなのだろうが、実際には両者は全然違う。というか、違うと思いたい。同じだったら悲しくなる。 ともかく、ぼくにとって2002年はなにかと起点のひとつなのである。それはこれからも変わらず、2032年にも同じことを思い返していることだろう。ちなみに2012年も専門学校を卒業したり、妻と知り合った年でもあるので、なにかとあった。そうだ、ということはこの仕事も10年目ということになるのだ。 今年もなにかの起点になるといい。
今年何枚描いたか
ふと今年仕事以外で描いたものを数えてみる。数えるのは簡単だ。描いたものは年ごとのフォルダに入れているので、今年のフォルダ内の数を見ればいい。およそ180枚ほどだった。これは例年の倍ほどの数であり、もし仕事で描いたものも入れればさらにこの倍くらいになるのではないか。描くペースが上がったのはやはり液タブの導入が大きいだろうが、前より興味関心が広まったことによって描くテーマも広がったのだろうと思う。スター・ウォーズ以外のものにも興味が向くのはいいことだ。エヴァや怪獣ものも結構描いたが、ファンアートでないものも少しずつ描けるようになってきていて、それが一番の収穫である。なんとなくではあるが、自分が描きたいものが少し見えてきた気がする。その一角が見えてきたというか。いや、その言い方では本来自分が描きたいものがすでにあって、自分ではまだそれが見えていないかのような感じだが、実際には今現在描いているものが自分の全てなのだろう。別にこれ以上のものはないのだ。もっとあるのではないかと思うから苦しくなる。苦しくなって遠く地平線ばかり見るようになる。とは言え、自分に縛りを与えていたのは確かだし、自分が気づいていない自分の興味というものもあるだろう。いずれにせよ思うものが描けるようになってきたと思う。
iPhone買い替える
5年ぶりくらいにiPhoneを新しくした。7から13に飛んだので丸っ切り違う世界である。ホームボタンがないということにはだんだん慣れてきた。7は縁が丸くなっていてサイドに面がないデザインがあまり好きでなかったのだが、今回は側面とエッジがあって持ちやすく、厚みもあっていい。元々そんな予定じゃなかったのだが、出先で異様に早い電池の減りが気になって、思い立ってそのままApple Storeに予約して購入した。機種変自体をApple Storeで出来るからとても楽だった。キャリアの携帯ショップだったら長々と待たされた挙句立て板に水の喋り方でよくわからないプランの説明を延々とされ、何枚もの書類に署名捺印をしなければならないところを、Apple Storeなら電子署名一回で全て完了。それにしてもあそこで働いているひとは皆友達が多そうだ。 iMacもiPhoneも新しくなって無敵な気分だが、どちらもそれまで使っていたものは下取りに出せない状態だったので(iMacは出すことは出せたが下取り価格が100円だった)、次回からはもっと早いうちに買い替えよう。どうも機械や道具は長く使わなければと思ってしまうのだが、もはやこのあたりは消耗品と割り切った方がいいのだろう。
Gilgamesh
『エターナルズ』、とてもおもしろかった。最初は半分くらい知らない人だし、そこまで派手なヴィジュアルでもないのであまり期待していなかったのだが、ふたを開けたら『アベンジャーズ』よりもまとまりを感じる出来栄えであった。というか正直言ってMCUシリーズとしてはかなり良質。これだけ大所帯チームでありながら全員のキャラがよく立っていて、見終わったら全員に親しみが持てているくらいだ。ひとりひとりの能力が効果的に発揮されて、反目と絆といったチームの関係がストーリーにも繋がっている。 7000年前から地球に滞在している異星の超人たち、エターナルズ。その目的は地球に巣食っていた頂点捕食者デヴィアンツの討伐であり、それ以外のことでは人類への干渉が許されていない。だからこれまでMCUで描かれてきた危機には関わらず、サノスとの戦いにも加わることはなかった(このあたりの説明が簡潔で上手)。しかし、彼らはまさに人類の歴史の生き証人であり、その全てを間近で見守ってきたため、いつしか地球とそこで生きる人類を愛するようにさえなっており、そのことがやがて葛藤を生むことになる。超人たちのアクションや気が遠くなるほど巨大な存在も目を見張るが、なにより人類愛に満ちた物語だった。 7000年前からいるということで、物語は現代を主軸に置きながらも途中で過去のある時点を次々回想していくのだが、この構成がおもしろかった。そういえばこういうこともあった、あんなこともあったと思い出しながら、仲間が各地で再会し、そのたびにあいつはああいうやつだった、みたいなことも回想されていく。そのおかげで観ている側はひとりひとりのキャラやその関係性に理解が深められる。 全員よかったがお気に入りのキャラクターは怪力のギルガメッシュ。演じるのは韓国系アメリカ人のドン・リー(韓国映画ではマ・ドンソク名義)。このひとのことは高速鉄道の中で起こるゾンビ・パニックを描いた『新感染 ファイナル・エクスプレス』で知ったのだが、分厚くテーピングした素手でゾンビを殴り倒していく爽快なアクションと、強面な見た目とは裏腹な温かみとで気に入った。地元のお祭りにいそうなおっさん感もいい。もちろんギルガメッシュも拳でデヴィアンツを倒す怪力の持ち主である。マーベル映画でもいいキャラであった。
絵本「ねことコーギーおばけやしきへいく」
前々からZine的なものを作りたいと思っていて、このハロウィンに合わせてようやく作った絵本。ねことコーギーが新聞広告で大きなお屋敷の掃除の仕事を見つけるが、行ってみるとそこは幽霊屋敷で……というベタな内容なのだが、こういったものをどんどん作りたいなあと思う。 Zineやアートブックというのは本当に様々で、安い紙に粗く印刷したものをそのままバチッとホチキスで留めたようなものから、業者を通してしっかり製本されたものまで、作り手の数ほどいろいろなものがあるのだが、ぼくとしては自分の手でできる程度の簡単な作りが好ましかった。ただ、描きたかった内容のボリュームと紙の厚さなどが喧嘩してしまって、ホチキスによる中綴じ製本でありながらもなかなか労力がかかってしまった。ある程度はしっかりさせたいというのと、できるだけラフなものを作りたいというのとを両立するのはなかなか難しい。一度通販に載せてみて、ちょっとした思いつきと勢いで作ったものながら、ありがたいことに用意した分は完売してしまった。冊子が作れるということがわかったので、これからもこれのシリーズを含めいろいろ作りたいと思うのだが、紙をもう少し検討したいのと、綴じやすいボリューム、そして値段を検討し直したいと思っている。
新しいiMac
誕生日以降全然更新していなかったが、その間に新しいiMacを買ってしまった。これまで使ってきたiMacは2016年の正月に買った2015年モデルだったのだが、これがもうだいぶ酷使してきたせいかなにをするにも時間がかかり、全ての動作にレインボーカーソルが出現するような状態で機械もぼくも限界だったのだ。ブラウザが立ち上がるのにも3分ほどかかってしまうほどなので、ちょっとしたことを調べるのも手元のiPhoneの方が早かった。 で、発表時から買おうと決めていた黄色である。評判では言うほど黄色ではないとのことだったが、昔のiPodのメタリックな黄色だろうとだいたい想像はついていて、その通りだった。とにかく机の上がぱあっと明るくなった気分。黄色というよりもはや黄金である。ただ新しいMacに移るたびに思うのは、そのたびに端子がどんどん減っていることである。まず2010年型のMacBookから2015年型のiMacに移ったときには、ディスクドライブが内蔵されていないことにショックを覚えた。もはや学生時代にパッケージで購入したPhotoshopやIllustratorが入れられない。今では当たり前のように使っているクリエイティブ・クラウドも、そのときには毎月払うのかあとちょっとげんなりした。 そして今回は裏側を見るとタイプAのUSBポートが一切無くなってるではないか。購入時の仕様に書いてあったのだからわかっていたはずなのだが、すっかり忘れていた。で、急遽タイプCのポートからタイプAの機器を繋ぐためのコネクタを買いにビックカメラへ。前のiMacが移行アシスタントさえまともに動かしてくれなかったので、手動で外付けHDにデータ(もともと大した量はない)を移していたのだが、そのHDももちろんタイプAで繋がなければならないし、HDMI端子もついていなかったので、そのコネクタもないと液晶ペンタブレットが繋がらない。本体がシンプルになっていく代わりにこうしてコネクタがどんどん必要になるのはちょっと馬鹿馬鹿しく感じる。よくよく考えたらSDカードを入れるところも消えているので、それを入れるコネクタも必要になってくる。さすがにうんざりしたのでその日はUSBとHDMIだけにしておいたが、写真を素早く移すのにやはりSDカード経由の方が楽なので、近々マルチカードコネクタも買いに行かなければならない。 キーボードはUK配列にしてみた。日本語を打つには結局日本語配列がいちばん良いのだが、その一方でショートカットにはやや押しづらい配置だし、ひらがなや記号がごちゃっと併記されたキーがあまり美しくない。ということでUKは日本語とUSの中間のような具合と聞いたので選んだわけである。見ての通りエンターキーが日本語配列に似た形となっている。いずれにせよ新しいからいい気分である。これをたくさん打ってたくさん書きたい。とにかく前のマシンは文字の変換にさえ時間がかかり、打ったものが消えてしまう謎の現象が頻繁に起こるし(いくら調べても謎)、こちらのタイピングに追いつかず、文字がいつまで経っても表示されないなど、本当にしんどかったので、するする打てるこの感じは非常に気持ちがよい。 長いときは5分くらいかかっていたPhotoshopの起動も、今では一瞬なのだから、今までどれだけ辛かったか。これでもうシャシャッと描けてしまう。シャシャッと描こう。と、最初だけは思うのである。
30歳になる
とうとう30歳になった。25歳以降はなんだか数字が半端で、若いというほどでもなければ、中年というほどでもなかったので、どちらかと言えばようやく30になってすっきりしている。 毎年誕生日の時期は台風があったりして天気が悪いのだが、珍しく晴れていた(これが去年のディズニーランドのときだったらなあ)。それも手伝ってなんだか気持ちよく歳を取った気がする。思えば20歳の誕生日もしとしと雨が降っていた気がするのだが、まあ10月は黄昏の国というくらいだから、1年を1日に例えればだんだん日が暮れて暗くなりつつあるシーズンなのである。その暗さに安心することもある。 10年前にはもちろん今のそれなりに充足した日々など想像もしていなかった。不安と悩みが横たわってそれどころではなく、明るい展望があったとしてもそれは非常にぼんやりとしてディテールを欠いた「こうなったらいいな」程度の願望に過ぎなかった。イラストレーションの仕事をしている自分というのを漠然と想像できても(根拠のない自信には満ちていたので)、実際にこの8年ほどの間にやってきた仕事ひとつひとつのディテールは、全然想像もしなかったようなものばかりである。イラストの仕事を依頼されるという目標の先に、依頼されたものを描く上でさまざまな壁があるということにも、全然想像が及んでいなかったわけだ。 30代もより一層描けますように。
Star Wars Visions EP3
『ビジョンズ』第3話「THE TWINS」より、ダークサイドの使命を負って生み出された双子、カレとアム。横並びに連結した2隻のスター・デストロイヤーに乗り込むふたりは、カイバークリスタルのエネルギーを自分たちが身を包む特殊なアーマーに通してダークサイドの力を増幅し、銀河に秩序をもたらす強大な戦士となることを運命づけられているが……。 ほかのエピソード同様に多くは説明されないため、双子誕生の背景に対して想像が膨らむ。スター・デストロイイヤーがいるから時代は帝国か、双子を造らせたのは皇帝だろうなどと考えるのが楽しい。アーマーやヘルメットがダース・ヴェイダーのそれに準じているところも、尋問官をはじめとする皇帝に仕えたダークサイダーっぽくていい。 特に姉のアム(右)のヘルメットが素晴らしい。のちにデス・スター・ドロイドとして流用されるヴェイダーのデザイン案の影響が見られるが、そこに大きなツノを二本生やしたところがおもしろい。V字のシルエットは、まるでヴェイダーの印象的な頭部のシルエットを逆さにしたような印象だ。シークエルのカイロ・レンにはこういう「別バージョン」感があったほうがよかった。 本筋となんら関係のない自由な作品でありながら、「双子」というSWの核に流れる象徴が主題になっているところもよくできている。常に双子の片方は闇の方に傾き、もう片方はそれを明るい方へと引き戻そうとする。それはアナキンとルークの関係に、ルークとレイアを重ね合わせ、さらに両方にヴェイダーのような格好をさせるという何重ものレイヤーが、短い物語に深みを与えている。 双子の対決は勝敗がつかないまま中断され、姉の行方がわからなくなるが、弟は彼女を探し出すことを、双子の二重太陽を見ながら決意する。前向きな、そして続きを想像させる終わり方なのも広がりとまとまりがあって素晴らしかった。
Star Wars Visions
水曜からディズニープラスで配信が始まった『スター・ウォーズ ビジョンズ』。日本のアニメスタジオ数社がそれぞれの作風で手掛けた1話完結のオムニバス形式のシリーズなのだが、元々ぼくはSWを和物にアレンジしたアートなりフィギュアなりがあまり好みではなかったので、あまり期待をしていなかった。もっと言えば一作一作観るつもりもなかったのだが、水曜にシーズン丸ごと配信となったので全話観てしまった。で、これがとてもおもしろい。もう素直に謝るほかない。やはり余談は持たないほうがいいし、観てみないとわからないものである。 一作ごとにがらりとタッチが違うので、好みは分かれるところだが、それでも見慣れたSWのモチーフのアレンジやデフォルメの角度が新鮮で、ヴィジュアルのみならずストーリーもこれがおもしろいのである。本シリーズはいわゆるSWの正史には含まれないので、設定や時系列の制約がないところもかなりの自由度を与えている。とは言え、まるきりお馴染みの銀河からかけ離れたものではなく、帝国の支配する時代、帝国が滅んだ時代、いつかは特定できないがジェダイとシスが対立する時代、明らかにクローン大戦が終わって間もない頃など、ある程度はわかりやすい舞台設定となっているので、別に少し補足すればいくらでもSWの銀河史の中に組み込めそうな感じである。 似た作品として「スター・ウォーズ ビジョナリーズ」というコミックがかつてあった。これは『シスの復讐』公開の頃刊行されたもので、プリクエル三部作に関わったコンセプトアーティストたちがそれぞれの目線でSW世界の挿話を描いた、やはりオムニバス形式の作品集だった。これもかなり自由な発想で描かれていて、当時の正史としても扱われていなかった。が、下半身がサイボーグとなったダース・モールがタトゥーインに隠居するオビ=ワン・ケノービを追いかけてくるエピソードは、後のSWに大きな影響を与えていたり、インパクトのある作品が多い。 そこで思うのは、やはり表現をする人間というのはもっと自由な二次創作をしていいのだなということである。もちろん本編の設定と矛盾せず、正史となるタイムラインに違和感なく組み込める作品を作ることも、二次創作では重要だが、設定を無視してでも視野や発想を広げることも同じくらい大切なのだと思った。そうすることで二次創作と言えど、そこにオリジナリティを持たせることができる。ぼくももっと発想を広げ、好きな部分にフォーカスしたいものである。そういうわけで『ビジョンズ』、大いに刺激される作品だった。
レトロ自販機(うどん・そば)
ハセガワのプラモ、「レトロ自販機(うどん・そば)」。1/12スケールのフィギュアに合わせられる小道具が欲しかったのと、前から気になっていたのと、渋い感じがよかったのとで作ってみた。見ての通り箱型なので作りやすいといったらなかったが、ボタンや説明書き、商品名などのシールが細かくて、貼るのが少し大変だった。 サービスエリアで見かける(まだ見かけるか?)古ぼけた感じにしたくて塗装してみたが、少しやり過ぎたような気がしなくもない。ウェザリングはどうもやり過ぎてしまうのだが、もっといろいろ作って塗ってみれば上達するかもしれない。 調理時間を表示する部分のシールが数パターン入っていて、好みの時間を表示させられるのだが、詳しい友人によるとモチーフとなった実際の自販機では、ニキシー管による調理時間表示が生きてる機体はかなり希少らしい。ニキシー管というのがまた、ほとんどレトロフューチャーな感じだ。 現役機ではなく、「故障中」の貼り紙とともに放置された機体として演出したかったので、最初は時間表示がなにもない、停止中の空欄シールを貼ろうとしたのだが、その話を聞いてせっかくなので時間表示があるシールを貼っておいた。 塗装前の状態はこんな感じ。このままでかわいかったのだが、一色成形なのでレトロ感がいまひとつでテーマ的にもったいない。こんな綺麗な状態でこの自販機は絶対に存在しない。 近くに寄ると下手なのがわかるが、取り出し口等から汚れが垂れた感じ(ストレーキングというらしい)は結構うまくできた。このあたりは絵を描くときの感覚がそのまま活かせるのでいい。全体的にアクリル絵の具での塗装だが、細かいところは油性色鉛筆でガリガリ塗り込んでいる。そこがやり過ぎの原因なのだが、ストレーキングや錆の具合はそのおかげで出せた。 極力こんなところから出てきた食べ物は口に入れたくないという感じを目指した。 こういう遊びがしたかったわけ。
とりあえず復旧
サイトのテーマを変えてからひと晩経った今朝、早速ページを確認すると、前のような異常は見られない。これだけの時間異常がないままというのは、やはりテーマを変更して解決したと見ていいだろう。WordPressのテーマというのは調整できる箇所がテーマごとに異なるので、どうもかゆいところに手が届かないの感じなのだが、まあそれくらいのほうが諦めがついていいのかもしれない。なにか個別ページを増やしたいところだが、それにはやはりブログをもっと書き溜めなければならない。
行頭あけをしていないことについて
これは弁明だが、このブログで行頭を一文字分あけるという至極基本的な文章のルールが守れていないのは、一重にWordPressの仕様のせいである。どうやらなんらかのお節介な機能が働いて、書く際に行頭をあけても、その一文字分のスペースが詰められてしまうらしい。もちろん行頭あけを維持させるプラグインもあり、この前それを入れてみた。で、どうやらテンプレートの破損というのはそのプラグインのために起こったらしく、プラグインを削除後も後遺症的に症状が居座ってしまったということらしい。その他になにか従来から変わったことをした覚えがないので、恐らく大方これのせいだろう。行頭をあけるプラグインは他にもあるのだろうが、さて、こうなると迂闊にそれらを入れられなくなった。ほかのプラグインにしても、やっていることは同じだろうし、そうなるとやはりテンプレートに対して同じような働きかけを行い、それを壊してしまうのではないか。そういったことを考え合わせた結果、どうか行頭あけをしていないことを大目に見てもらうことにした。ここに書いているものをもし印刷物にすることがあれば編集するとして、ウェブ上では日本語のオーソドックスな書式を省略させていただくことにする。とは言え思い返してみるとかの谷崎潤一郎なども行頭をあけない書き方で有名なので、決して行頭をあけない文章がないわけでもない。谷崎潤一郎は原稿上ではあけていた行頭を、活字にする際にわざわざ詰めるよう編集に指示していたほどだという。その理由は定かではないが、もしやWordPressの走りなのでは? それにしても、行頭をあけないで書くブログやネット記事はたくさんあるので(あと幅が一定でないめちゃくちゃな行間あけ)、どうもそれと同じような感じになって嫌である。とりあえず行頭をあけたくてもあけられないのだということをわかってもらえたらうれしい。
テンプレートの不具合
サイトのテーマを一時変更した。記事一覧がグリッドレイアウトにできたので、作品も見せやすくとても気に入っていたのだが、どうしてか「テーマが破損している」というメッセージとともにいつの間にかデフォルトのテーマに切り替わったりして、そのためその間にサイトを閲覧した場合には「テンプレートが一致しない」という表示とともに白紙のページが出ていたらしい。テーマのどこが破損しているのかは全くわからず、検索すると同じようなケースはヒットするのだが(WordPressでは一般的な症状らしい)、基本的な対処法を試してみても効果なし。サーバーまで行ってディレクトリ内のファイルをチェックしても特に問題なし。と、ぼくなどにできるのはそれくらいなのでお手上げであった(テーマを一度削除してインストールし直しても結果は同じ)。テーマが壊れているなら壊れていないテーマに変えるしかなかろうということで、もう細かいことに凝ると時間がかかって仕方がないので、フッツーのなんの変哲もない形に変えてみた。グリッドでないので絵を観てもらうには延々スクロールしてもらうしかないのだが、一枚一枚が大きく表示されるからこれはこれで悪くないだろう。最低限カテゴリー分けはしているから全く見づらいということもないし。見やすいものを、というよりは少なくとも見づらくないものであればいいのではないだろうか。 とは言え暇を見つけてはもっとよさそうなテーマがないか探し、試してみるので、サイトの見た目がなにやら安定していなくとも悪しからず。基本的な形はそこまで変わらないと思う。サイト作りは楽しいが、こういうのが疲れる。
砲手

 男の仕事は至ってシンプルだった。ボタンを押す、ただそれだけ。
 朝、職場にやってきてタイムカードをパンチすると、パーテーションで区切られたわずか2メートル四方の自分の持ち場に入り、座席に座って操作盤に向かう。操作盤はボタンが2つとその中央上部にランプが一つついただけのもので、この3つの丸による三角形が、男の仕事の全てと言ってよかった。
 ランプが赤く点灯すると、すぐに右側の赤いボタンを押す。この赤いボタンが、勤務中に最も頻繁に押すメインのボタンだ。ずっと押し続けているものだから、男がこの仕事に就いたときには真新しかったそれは、すでに真ん中のところが剥げてテカテカと光っている。ランプが消灯している間はボタンを押さないが、ランプが消えている時間は8時間の勤務時間中にトータルで10分もないだろう。
 左側にある青いボタンは、赤いボタンが沈み込んで戻らなくなったり、押せなくなったり、ランプが点灯しなくなったり、なんらかの故障が見られた場合に押す。すると、操作盤に向かって右側の壁面に取り付けられているスピーカーから、どういう状況か尋ねる通信が入るので、スピーカーの下についているマイクに向かって現状を説明する。もし、青いボタンを押してもスピーカーからなんの反応もなければ、つまりスピーカーの不具合や通信の不調が見られた場合には、背後の扉を開けて、外の通路に向かって右手を挙げる。そうすれば、通路を巡回している監督がやってきて、状況を説明できる。ただ、この通路は全長200メートルほどあり、監督はひとりしかおらず、さらには100のブース全てからしょっちゅう挙手が起こるので、監督を呼ぶチャンスはほとんどない。そういう場合には、終業ベルが鳴るまで座って待機するしかない。もちろんなにもせず座っていた場合には、一定時間赤いボタンが一度も押されていないことがコンピュータに記録されるので、タイムカードの記録に関わらずその時間は無給となる可能性がある。この事態を避けるために、誰もがあまり強く赤いボタンを押さないようにしていた。
 男は今日もスイッチを押し続けている。適度な力で、素早く必要な回数を押す。
 ランプが点灯する。スイッチを押す。ランプが点灯する。スイッチを押す。
 カチ、カチ、カチ、カチ。他の99のブースからもこの音が一斉に聞こえる。ひとつひとつは小さな音に過ぎないが、100のカチ、カチがひとつに合わさると、それなりの大きな音となる。耳をやられる者もいるので、監督も含め各々が耳栓やヘッドセットをつけてこの音の嵐から聴覚を守っていた。男もまたヘッドセットをつけ、それでいながら全くノイズを遮断しない程度にそれを緩めていた(なにも聞こえなくなるのもそれはそれで仕事に支障をきたす)。
 ランプが点灯する。スイッチを押す。ランプが点灯する。スイッチを押す。
 実はこのスイッチがどういった機能を果たしているのかは、操作者たちには一切知らされていない。通路を巡回する監督にも知らされているか微妙なところだ。彼らがわかっていることと言えば、このスイッチを押すことは重要な仕事であり、生きた人間が自分の判断でこれを押すことがなによりも全体のプロセスに欠かせないということ。とは言え、その全体のプロセスがなんのプロセスなのかは誰にもわからなかったし、男をはじめ操作者たちはほかの同僚とは全く言葉を交わすことがないため、情報や推測を交換することさえなかった。
 しかし、誰もがそれで十分だと考えていた。男もそうだった。余計な交友は面倒ごとを招くことをよく理解していたし、ゆくゆくはこのシンプルな仕事にとって邪魔になる。彼らは皆同じような性格、特性を買われてこの職場に配備されていたから、もしかしたらいざ付き合ってみればそこそこ気の合う友人になれたかもしれない。だが、全員が全員、他者と一定の距離を保つことを好んでいたため、それは意味のない仮定と言えた。彼らはこの仕事のそうした無駄のなさを気に入っているのだ。
 ランプが点灯する。スイッチを押す。ランプが点灯する。スイッチを押す。
 最初のうちはあまりに単調な作業なので、勤務中にいろいろな考え事にふけろうと男も思っていたが、すぐにかえってそんな暇はないことを思い知った。ランプの点灯する頻度もそうだが、スイッチを押すのにはそれなりの集中力が必要だったのだ。考え事をしながらなどしていられない。そんな姿勢で挑めば、ランプの点灯とのタイミングを合わせられず、点灯していない間にスイッチを押してしまったり、点灯している間に押しそこねたりしてしまう。後者については前述の通りだが、前者もまた減給や無給となる恐れがあるから気が抜けない。そう、この仕事は案外気の抜けないものだった。
 ランプが点灯する。スイッチを押す。ランプが点灯する。スイッチを押す。
 他のことをなにも考えずに、ランチや夕食のことさえ考えずにスイッチを押し続けていると、自然とある境地に達するようになる。雑念が消え去り、ただ赤いランプと赤いスイッチにだけ精神や思考、感覚が集中していく。この場に、この世界に、この宇宙に自分とランプとスイッチしか存在しないのではないかという感覚になり、神経は指先の、指の腹の一点に集中する。男はこの感覚を気に入っていた。他のことを考えながらこの仕事をしようなど、愚かな考えだった。未だかつて経験したことのないクリアな感覚は病みつきになり、ある種の瞑想状態が自分を高次元に導いているかのように感じた。
 ランプが点灯する。スイッチを押す。ランプが点灯する。スイッチを押す。
 それはなにもこの男に限ったことではなかった。残りの99のブースで同じようにスイッチを押している人間全員が同じ感覚にどっぷりと浸り、不思議なゾーンに入り込んで目を輝かせていた。なにも考えないことを考えることの喜び、全くの無心で指だけが勝手に動いていく快感に、全員が魅せられていた。そして、これは彼らの雇い主としても申し分ないことだった。実を言えばこの雇い主さえもこのスイッチの意味をよく理解していない。スイッチの真の意味を知り、全体のプロセスというやつを把握しているのはそれよりももっと高いレベルにいる人間たちで、監督や雇い主などスイッチを押している操作者たちとほとんど変わらない末端と言えた。言うまでもなく、彼らには詳細を知る必要がないし、知らないほうが幸福というものだった。
 ランプが点灯する。スイッチを押す。ランプが点灯する。スイッチを押す。
 そんなことも男の知るところではないし、はなから興味さえなかった。いつしか男の興味はスイッチをいかに華麗に押すか、いかに素早く例のゾーンに入り込んでクリアな精神状態を得るか、それだけに集中するようになった。これがもし元々多趣味で交友の広い人間だったなら、周囲の者はその変わりように驚いただろうが、この男はもとよりこれと言った趣味もなく、友人も少なく、なによりもとの性格がこの仕事に適していたのだから、変化が際立つ心配もなかった。事情を知る者が今の彼の姿を見れば、彼が天職を得たと考えたことだろう。もちろんそんな観測者も彼の場合はいないのだが。 
 ランプが点灯する。スイッチを押す。ランプが点灯する。スイッチを押す。
 もはや男には疑問などこれっぽっちもないし、この仕事をする上での弊害は一切ないと言えた。スイッチを押すという最終的な行為を生きた人間が自分の判断でしなくてはならないという必要に迫られてこのような仕事を与えられているということも、この際彼にとってはどうでもよかった。実は高度な戦略用人工知能が全てのプロセスを進めており、あとはスイッチを押すだけというところまで完了した際に、赤いランプが点灯しているなどということも、彼にとってはどうでもいいことだし、知る由もない。
 ランプが点灯する。スイッチを押す。ランプが点灯する。スイッチを押す。
 実はランプが点灯し消え、次に点灯するまでのほとんど2秒もない間に、コンピュータが「次の」標的を探し出して照準を完璧に合わせ、エネルギーの充填や砲身の冷却、各種システムの点検を終えていることも、男が知るはずもないことだった。
 ランプが点灯する。スイッチを押す。ランプが点灯する。スイッチを押す。
 そのコンピュータが一度に、軌道上に配備されている100基のレーザー砲に同じコマンドを繰り返し、地表の至るところにある100の標的に対しほぼ同時に照準が合わせられ、最終的に赤いランプが点灯していることも、男の預かり知らぬところだ。
 ランプが点灯する。スイッチを押す。ランプが点灯する。スイッチを押す。
 コンピュータが探し出して照準を合わせた標的には、なんの武装もしていない小さな村さえも含まれていて、そこに暮らす老若男女の住人たちは自分たちになにが降り掛かったのか知る暇もなく(光線さえ見えることはない)、一瞬で蒸発してしまうこと、一瞬後には農場の巨大なサイロから小さな子どもの遊んでいた玩具の車まであらゆるものが跡形もなく消えること、何世代にも渡ってその土地で人々が暮らしてきた痕跡さえも消え、その土地には最初からなにもなかったかのようになってしまうことも、男が知るはずもなかった。
 ランプが点灯する。スイッチを押す。ランプが点灯する。スイッチを押す。
 一体誰が男を、100人の無自覚な砲手たちを責めることができよう。彼らはなにも知らず、ただ無の境地で瞑想にふけっているに過ぎない。彼らの上司もスイッチの意味を知らないし、おそらくその上司も知らないだろう。途方もないほどの階層を上がっていって、ようやくランプとスイッチに関する機構の一部を把握する技師や管理者が現れるのがせいぜいである。彼らの誰一人として、この全体像を知らないし、スイッチが押された結果起こることを知らないのである。誰のことを責めることができるのだろうか。
 ランプが点灯する。スイッチを押す。ランプが点灯する。スイッチを押す。
 そうして彼らに真相を知らせることもできない。もし本当のことを知れば、その多くが精神的に破綻するのは目に見えている。100人の砲手たちははこれまでやってきたことの重みに押しつぶされ、これからすることに怯えて壊れてしまうに違いない。あるいは、重大な現実から逃避するためにより一層瞑想の世界に浸り、二度とこちらに戻ってこなくなるかもしれない。そのままスイッチを押すだけの機械と化してしまうかもしれない。もっとも、今もそれと大して変わらないのだが。
 ランプが点灯する。
 唐突に。
 そこまで一瞬で考え至って、男の指が止まった。配属以来初めてボタンを押す指が動きを止めた。
 ランプが点灯する。
 まさか。
 ランプが点灯する。
 そんなわけがあるか。
 ランプが点灯する。
 馬鹿げている。
 ランプが点灯する。
 男は再びスイッチを押す。

子ども好きかどうかと言えば
子どもが生まれてからというもの、だいぶ小さい子の相手ができるようになった気がするのだが、子どもが好きかどうかと言われれば、そんなのその相手の子どもによるとしか言いようがない。というかこの問いに対する回答としてはこれが適当であって、もし「子ども大好き!」などと答えるやつがいようものならそういう人は信用できない。 なぜかと言えば、子どもを「子ども」という属性でひとつにくくっているからであって、個々にどういう子どもがいるのかをあんまり考えていなさそうな印象だからだ。そういう人に限って自分が想定している(求めていると言い換えてもいい)子ども像から外れた子がいたら困惑するのが目に浮かぶ。早い話が、自称子ども好きが子どもの頃のぼくを好きになってくれたとはとても思えないわけである。彼ら彼女らのほとんどは自分たちの思う子どもらしい子どもが好きなのだ。だいたい大人好きとは言わないのだから(年上好きとかは違う話として)、子ども好きもおかしな言葉なのだ。その響きにはなんとなく犬好き猫好きと同じ響きを感じてしまうのだが、上述のように犬好き猫好きも犬猫からしたら迷惑な話かもしれない。 思えばぼくは犬に関しても飼うようになってからだいぶ明るくなったが、それでもやっぱり犬好きとは言う気があまり起こらない。これは妻もそうで、好きなのは自分んちの犬であって、よその犬のことはわからないからだ。子どもであれば、犬であれば、全部が全部好きだと迷いなく言えてしまうほうが、屈託はないかもしれない。だが、ひとりひとりと接してみなくてはわからないからと慎重に考える方が、個々を意識しているように思うのだが、どうだろうね。
仕事のやり方
気づけば来年で専門学校を卒業して10年になる。卒業後の初夏くらいには一応名前の載るイラストの仕事をやっているので、キャリアとしても10年である。10年経ってもなかなか慣れないことにぶつかるばかりで、未だ模索と試行錯誤の連続なのだが、まあ、これは一生こうなのだろう。とは言えそれだけの時間やってきているので一応、自分なりのやり方が出来上がってきたというか、特に考えなくても手が動くくらいにはプロセスが習慣化したように思う。ひとによってはそういうのを「こなす」と呼び、そこには往々にして否定的なニュアンスが含まれるのだが、ぼくとしては仕事というものはこなさないでどうするのだという感じである。依頼主にしてもこなしてくれないと困るだろう。こなした上で、その中で自分にとって重要なところは工夫と力を注げばいいのである。というかそうあるべきだと思う。 自分なりの仕事の手順が決まってくると、今度はそれをひとに教えてみたくなる。10年もやってればひとに教えてもよさそうなこともいろいろ出てくる。こういう経験はひとにも教えたほうがいいのではないか。それは別に後続の人間だけでなくて、今現在も仕事をしている同業者にしてもそうなのだが、いかんせん親しい同業者が全然いない。いたとしてもぼくより経験が豊富なので特にこちらから共有できるようなこともない(愚痴の共有にはなるだろうが)。しかし、これひとに教えたいななどと思う一方で、そういう教えたがりな年寄りにはなりたくないし、作品の外でひとの世話を焼こうとする作家というのがどうにも好きになれないし、業界というものに対して帰属意識みたいなものも大してないので、やや教えるということに躊躇がある。専門学校の授業のひとつで講師がかつて教えて、今現在一線で仕事をしている卒業生というのを個人的に呼んで話をしてもらうというのがあり、ああいうのに誘ってくれれば、じゃあしょうがないということになり、一席ぶったりもできるのだが、もちろんそんな誘いも気配も全然ない。というかあの学校からはすっかり忘れ去られていると思う(こちらも卒業生であることをアピールしていないのだから当然と言えば当然だが)。それに授業に講師が呼ぶような卒業生というのは、卒業後も講師とコンタクトを取り続けるようなまめな人と見え、そんなことも一切やっていないのだから呼ばれなくて当然である。てっきり卒業後はああいうのに呼ばれると在学中から思い込んでいたのだが(マジかよ)。とは言え今の自分を見、これまでの自分を振り返ってみたところで、果たして学生たちの参考になるようなところがあるだろうか? 思えばどれひとつ取っても、専門学校が好んで教えるような手順を踏まずに来ているような気がする。なにか特別なことをした、というわけではなく、普通やるべきことをしてこなかったという方が大きい。売り込みと呼べるようなことは全然していません、あちこちの出版社を自分の脚で歩き回るようなことをしていません、作品集も大してまとめていません。じゃあなにをしたのか。大してなにもしていない。ひとつだけ言えるのは、描くのをやめなかったことですね、などと紋切り型で嫌味に聞こえるような言葉で締めるのが関の山ではないか。自分で書いていてもこれはなんの参考にもならないなと思う。とは言え、今どき紙ばさみやフォルダを持って出版社まわっているようなひとが本当にいるのだろうか?どうもこれが自分ではイメージしづらいところである。トミ・アンゲラーは靴底すり減らしてニューヨークを歩き回ったというが、今やそんな姿は専門学校の授業の中にしかいないのではないか。とは言え授業でそうすべきと教わったのももう10年前のことなのである。今ではもうそんなこと教えていないのかもしれない。そう思うと、自分が学生だった頃というのは、アナログが重んじられた最後の時代だったのかもしれない。ましてや今は対面で会うことが忌避されている状況。もはや直におしかけるようなことを推奨もしてはいないだろう。まあしかねないのがあの学校らしいところ、と言えばそうなのだが。 とは言え、今こうして仕事をしているこのときこそ、学ぶことが多く、これをそろそろ書いてまとめておきたいと思った。学生時代は仕事がもらえるようになるまでのプロセスが知りたくて仕方がなかったが、実は本当に重要なのは仕事が始まってからのことだったのだと、当時の自分に教えてあげたいものだ。どういう準備をしておくべきか、こういうことを頼まれたらどう対応すればいいか、こんなトラブルが起きたらどうすべきか。特にトラブルについてはレクチャーがあったほうがいい。自力で乗り越えると経験値にもなるが、その際のストレスが計り知れない。だがストレスのない仕事というのはままごとのようなものでもあるので、やはりトラブルのひとつやふたつあったほうが、単調になるよりはいいのではないか。というより、なにかしら必ず起こるものだ。そうでなければ本当に、こなしてるだけになる。
幽霊の寝息
少し前に、この時期お決まりな感じでラジオに稲川淳二が出ていてしゃべっていたのだが、雑談でさえもなんだか不安になる語り口なのがすごいのだが、どうしたって話題は怪談に絡んでいくことになり、公演でスライドによって見せているという心霊写真の話になった。毎回どの心霊写真を見せるかを部屋で決めているのだが、いつもとある写真(それがまた強烈なやつらしいのだが)を見ているところで部屋の外、階段を上がってくる足音が聞こえてくるというのだ。最初は家の人が上がってきて、部屋の前で思い直して引き返していったのかと思ったらしい。ところがあとで聞いてみても部屋の方には行っていないという。翌年、再びスライド用の心霊写真を選んでいると、やはり前年も眺めていた写真を手にとったところで、またしても階段を上がってくる音がする……という、ぼくの拙い文章では全然わからないと思うがシンプルながらにとても不安になる話である。それで、その話を聞いていて怖い怖いと思っていたら、ぼくの耳にも耳慣れない音が聞こえてくるではないか。 ぼくの部屋はマンションの表の通路に面しているので、我が家より奥にある部屋の住人が通ったり、宅配業者やヤクルトレディが出入りする物音は大変よく聞こえてくる。以前などほかの部屋(あるいは全く別の民家)からやってきた猫が来て鳴いていることもあった。そういうわけで通路の方で音がするのは別に珍しいことではない。ところがそのときは外にひとの気配もないし、なにより問題の音は壁や窓一枚隔たところから聞こえてきているというより、もっと近いところ、なんなら部屋の内側で聞こえているというくらい明瞭ではっきりしていたのだ。どんな音かと言えば、「うう……うう……」といううめき声にも似た声なのである。ラジオの話題に呼応するかのようにぴったりで、かえって可笑しいくらいなのだが、ああ、とうとうぼくにも聞こえるようになってしまったか、学生時代に本当かどうか怪しい心霊体験を飲み会の席で披露して注目を浴びていたやつらの仲間入りか、などと考えたのだが、ふと足元を見ると犬が寝ている。ゆっくり上下するぽんぽこりんのお腹。それに合わせて、あの「うう……うう……」がそいつの鼻先から聞こえてくる。幽霊の正体見たり犬のいびきだったとさ。
都会人と魔女
自分は決して愛想のいい人間ではないが、というかむしろ悪い方だと思うのだが、それにしても同じマンションの住人と階段やエントランスで鉢合わせしたときに挨拶しても、どうしてかあんまりちゃんと返されないというか、まるで他の住人とエンカウントしたのがイレギュラーな事態とでも言うように、気まずそうされる感じに、自分のことは棚に上げて違和感を抱いてしまう。はっきり言って無視されることさえあるのだが(聞こえていないという可能性に望みをかけるが)、他の住人に会うことってそこまで嫌なことだろうか。確かに自分の生活圏のすごく近い範囲に知らない人間が住んでるというのは、アパートなりマンションなりで暮らし始めた頃にぼくも慣れなかったというか、やや落ち着かないものがあったが、だとすれば尚更挨拶くらいしたほうがよくはないか。挨拶というのは自分が怪しい者ではないと表示するためのものでもある、ということを聞いたことがある。最低限挨拶をするだけで自分の身も守れるというわけだ。狭い空間で知らない人と遭遇することに居心地の悪さを覚えるのなら、挨拶してそれを軽減すればいいのに、とぼくなどは思う。 余計な近所付き合いなどせず、そっけなく接するのが都会の暮らし方なのだ、ということも人から聞いたことがあるが、その発言者は都会人どころかぼくよりも半端な地方から出てきた人間だったので、全然説得力がなかった。とは言え、ここにヒントがある気がする。つまりそれは勘違いされた都会像であって、同じマンションの住人のあの不可思議な態度は、要するに知らない土地で暮らす人のよそよそしさそのものなのではないか(念の為記しておくがかく言うぼくもよそ者である)。 都会は冷たい、と紋切型な言い方がある。都会という部分は別に東京でもニューヨークでもロンドンでもいいのだろうけれど、大きな街というものは往々にしてきらびやかに語られるのと同じくらい、冷たさを含んで語られることも多い。しかしそれはその人がよそから来たから、見知らぬ土地だからそう感じるのであって、そんなよそ者が大勢集まっているからこそ都会は冷たくなってしまうのである。そうしていつの間にか出来上がってしまった勘違いされた都会像に、地方からやってきた人々は自分を適合させようとがんばり、そっけない立派な都会人になっていく。そして同じマンションの階段でコーギー連れて降りてきたぼくの挨拶にも、中学生男子みたいなこっくり頷きで返すようになるのである。もちろん全てはぼくの想像で、案外本当に聞こえていないのかもしれないし、元からそういうそっけない人柄なのかもしれない。 『魔女の宅急便』というとてもおもしろい映画があるのだが、娘がこれに夢中で繰り返し観ているおかげでぼくも何度も物語を反芻する機会を得た。子どもの頃はテレビ放映していても断片的にしか観れず、最初から最後まではおろか全体を俯瞰して咀嚼することなど全然できず、仮にできたとしても子どもの頃ではあのストーリーの言わんとするところが、それほど理解できなかったと思う。今更ぼくが指摘することでもないが、魔女や箒で飛ぶといったことはフォーマットであって、物語の軸は少女の上京物語にある(二度の世界大戦が起こらず、魔女と魔法を使わない人間がかつて共生していたという世界観にはもちろん惹かれるが)。魔女のキキは初めて訪れた大きな街で、到着早々ちょっとしたトラブルを起こしたために思い描いていた理想と現実とのギャップにぶつかり、勝手のわからない街で途方に暮れ、しまいには「この街の人は魔女が好きではないらしい」と断じてしまう。それで、ご存知のようにそのあといろいろあって、最後にキキは「この街が好きだ」と言って物語は終わる。別に街は最初から表情を変えていない。人々がキキを受け入れたというよりは、キキが街に心を開いたのである。おそらく街の方は最初から門戸を開け放っていたのだろう。トンボという眼鏡の飛行少年にしても、最初から気持ち悪いくらい大歓迎状態である。人々と打ち解けるかどうかはキキ次第、自分次第なのだ。都会が冷たいかどうかも自分次第かもしれない。
二度目のディズニーランドはご機嫌
ふと思い立ち、ディズニーランドに行った。ふと思い立つのは大事である。もちろんふと思い立ったとは言え、今は予約制なのでチケットを取ってからだったが。今回は娘の遊び友達の家族と二組で行ったが、娘も友達が一緒で楽しそうであった。ご覧のようにフル装備。まず最初に入り口のところで風船に一目惚れし、そもそものきっかけだった新しいポップコーンバケット(イッツ・ア・スモールワールド!)を買い、子ども用の耳カチューシャを買って出来上がりである。ポップコーン食べる手が止まらない。前回は初めてで全てに対して警戒していたが、今回はだいぶいろいろなものに乗れてご機嫌だった。 思えば夏場にディズニーランドに行ったのは初めてだった。真っ青な空、日陰のないカンカン照りで身体がヒリヒリする辛さもあったが、雰囲気もあって楽しかった。飲み物代がかさむので水筒を持っていけばよかった。水分が汗で出てしまったらしく、一度もトイレに行かずに終わった。 娘はダンボの回転遊具と「イッツ・ア・スモールワールド」が気に入ったらしく、後者は二度乗った。確かにゆったり動くボートからいろいろなものが見られて子どもにはちょうどいいかもしれない(大抵のライドにある暗い演出もなく怖くない)。今はディズニーキャラクターが多数追加されてそれらを見つけるのも楽しみらしい。メアリー・ブレアのオリジナルの雰囲気からだいぶ変わってしまった気もするがこれも時の流れだろう。いつまでもNY万博時のままというのもね。廃れてクローズしてしまうよりずっといい。 そもそも行こうとなったきっかけ、「イッツ・ア・スモールワールド」のポップコーンバケット。素晴らしいデザイン。最近は箱型でシンプルな蓋を開けるのが主流らしい。確かに蓋が重たいよりは開けやすいし食べやすい。とは言え今度はR2-D2を持っていてリフィルしたい。 こんな仕掛け付きだから魅力的だった。人形が時計部分がくるくる回る。もうこれ以上ポップコーン入れは買わないようにしたいが、当然またなにかかわいいのが出そうな気がする……。
油圧ショベル
父親の教えにより幼少期よりショベルカーのことを「ユンボ」と呼んでいたのだが、中学くらいに上がってもまだその癖が抜けず、うっかり同級生たちの前で油圧ショベルをユンボと呼んだら大笑いされた覚えがある。ぼくとしてはショベルカーという呼称のほうが全然馴染めないのだが(そもそもなぜ「シャベル」でなく「ショベル」なのか、そして「カー」か?)、大笑いしたからには彼らにはユンボという名称の意味するところとその呼称を使う層の属すセンス(年代?)みたいなものがわかっていたのだろう。あるいは単純に語感にちょっと可笑しい響きがあるせいか。で、ユンボというのは元々はフランスはシカム社製油圧ショベルの製品名で、のちに三菱が国産化する際にもユンボの名で発売したことから、油圧ショベルの代名詞として広まったらしい。当のシカム社も今ではユンボ社と名を変えている。つまりは油圧ショベル界のバンドエイドみたいなものである。ショベルカーをユンボと呼んでなんらおかしいことはないのである。ちなみにキャタピラー社にはユンボという名の製品はない。なにはともあれ、今後も恥じることなくユンボと呼んでいこう。ユンボのほうが、語感的に油圧ショベルの持つどっしりしたイメージと、繊細な動きをよく表している気がする。「ユン」がちょうど優雅なアームの部分、「ボ」が車体とそれが載るキャタピラのボリュームを感じさせる。ユンボ!と言いながら地面にどしんと着地しそうなイメージである。そんなところでどうだ。
幼稚園デビュー
4年保育ということでこのたび幼稚園に入園となった。絵本の「マドレーヌ」みたいな帽子で得意げである。自転車に乗るときはヘルメットをしなければならないのだが、帽子を脱ぎたがらないのが困る。自転車による送迎は、まあなんとかなりそう。このために買った電動アシスト自転車、最初乗った頃はバッテリーや機構に加えて子どもも乗せているので少し重くて小回りがきかせられないくらいだったが、買い物その他の用事のたびに乗るようにしていたらかなり慣れた。高校時代は家から駅まで山道を延々漕いでいたのだから身体に染み込んでいるのだろう。しかし、街で自転車に乗る人はどうも自分を風だと思いこんでいる人が多く、ずいぶん無茶な隙間をろくに減速せず通り抜けようとするから、ああならないように気をつけたい。 妻が職場に復帰してからというもの、昼は子どもの相手をして夜仕事というような日々だったので、ようやく日中落ち着いた時間が取れそうでなによりである。
Jet Alone
エヴァに出てくるエヴァ以外で好きな兵器の筆頭、ジェットアローン。TVシリーズにて、日本重化学工業共同体がネルフのエヴァに対抗して開発したロボット兵器として登場。通産省や防衛庁とも共同で開発しており、要するに特務機関ネルフの超法規的保護によって対使徒戦における旨味にありつけなくなった連中が手を組んで作ったということらしいのだが、そんな事情はともかくとしてこいつはロボットとしてかなり好みの造形で、かわいい。小さな頭部に長い腕、逆三角形の胸部にほっそりした脚、というプロポーションから、『天空の城ラピュタ』のロボット兵などが連想される。シルエットもさることながら、連節したベルト状の腕なんかも同じである。同時にぼくが強く既視感を覚えるのは、『スター・ウォーズ』シリーズのスーパー・バトルドロイドである。あれもラピュタから連なる系譜にいると思うが(厳密に言えばラピュタロボの前にフライシャーによるアニメ『スーパーマン』に登場する現金強奪ロボットが祖先にいるのだが)、頭部が半分胸部に埋まったような形はよりジェットアローンに近い。腕はベルト状ではないが、平べったく、手が連節したミトン型となっている。腰から胸部にかけてのフォルムも似ている。 そういう言ってみれば古典的なデザインもかわいくて好きなところだが、頭の周りにボルトがたくさん打たれているのがまたいい。リベットがたくさん打たれている昔の兵器っぽいところがデザインとも合わさってジェットアローンのキャラクターを立ている気がする。もちろん腕をひらひらさせながら延々と荒れ果てた平原を歩いているシルエットも好きだし、それを制止するために初号機が後ろから追いかけてくるところも本当におもしろい。 もうすっかりお馴染みの話になったが、愛すべきジェットアローンは『シン・エヴァ』にも登場している。冒頭で復旧されたユーロ・ネルフの兵装ビルの内部が8号機のビューポートに映し出されたとき、格納されている「予備パーツ」(逆三角形のボディに長い腕)にはっきり「JA-02」という文字が表示されており、このパーツが新2号機の身体を覆うことになる。重武装の新2号機の背中から伸びた(というか飛び出した)制御棒も、暴走したジェットアローンが背中から伸ばしていたそれと同じものだ(制御棒が外に飛び出すという演出は『破』における獣化モードでもやっていた)。 新劇場版におけるジェットアローンシリーズがどういう経緯でネルフの手に渡り、エヴァの予備パーツになったのかとても気になるところだが、ぼくは前々から新劇場版の世界線ではジェットアローンの開発責任者である時田シロウが、ミサトたちのヴィレに加わっているのではないかと勝手に妄想していた。ヴィレは対ネルフ組織であり、ネルフ以外のあらゆる組織が寄り集まっていると考えられるので、そこに旧日本重化学工業共同体の残党が加わっていても不思議はない。というかネルフに対抗する組織としてはヴィレよりも先輩に当たるし、旧劇場版でネルフ本部を蹂躙した戦略自衛隊よりも登場が早いわけで、ネルフ殲滅を目的とするヴィレの中枢にからんでいてもおかしくないのである。ちなみにヴィレの戦闘員の衣装は旧劇における戦自の隊員の格好と全く同じだったりする。このことからネルフには戦自からの流れも入っているのだろうと考えられる。つまり、かつてネルフの敵として登場した組織が、ネルフが悪役となった新劇では仲間になっているというわけだ。だから、実はAAAヴンダーの艦内のどこかには時田もいたのではないか。あるいは、すでに故人だが生前は碇ゲンドウのネルフに反旗を翻したミサトに協力していたのかもしれない。 などと考えていたので、ジェットアローンがこういう形で登場したのはとてもうれしい。
2歳児犬の散歩したがる
主に夕方の散歩に出ようとするとき、「ポコ(犬の名前)の散歩いくー!」などと言い出し張り切って外に出て、危ないから手をつなごうとするもふりほどき、一丁前にひとりでテクテク歩き、挙げ句は犬のリードを持ちたがり、こちらは犬と子どものどちらをおさえようとすればいいのか迷い、ヒヤヒヤしながら見守っている。リードのしっかりした持ち方を教えると案外それを覚えて手首に輪っかを通してぎゅっと握りしめたりするが、当然犬が本気になればひとたまりもないだろう。もちろん犬の方はものすごく遠慮して歩く。でも一緒に散歩に出られて犬の方もなんだかテンションが上がってる印象で、いつもより速歩き。このところずっと具合がよくなく、11歳ともなればそろそろ……などと思っていたのだが、最近になって具体的な症状がはっきりわかり、それによってちゃんと合った薬も与えられるようになったためか、すっかり調子がよくなった。薬はどうやらこれからずっとあげなければならないようだが、仕方がない。こんなによくなるなら文句はない。
Evangelion Mark.44B
『シン・ エヴァ』冒頭のパリの戦いにて登場しぼくの心を奪った不気味でおもしろい44B。すっかり悪の組織が板についたネルフ側が送り込んできたやつらで、陽電子砲を担いだ4444Cに付き従う電源供給担当の機体。複数体が列を組んでグース・ステップで襲来する絵は文句のつけようがないほど素晴らしい。陽電子砲と言えばヤシマ作戦で初号機が使ったもので、今回は対するヴィレ側もヤシマ作戦で零号機が持っていたシールドに似たものを戦艦の艦底につけており、つまりは最終章に来てヤシマ作戦のちょっとした再現がされているわけだ。かつて使徒に対してともに使われたもの同士が対峙するという形で。 改めて『序』から見直してみたら、なるほど確かに44Bのこの中央上部についているのと同じものが、初号機が構える陽電子砲に電力を送るために配置されていた。これらを実用化するにあたり移動式にしたということだが、そこによく見慣れたエヴァの脚をつけてしまうところがとてもおもしろい。 またこいつらはパリの新市街、ラ・デファンスの方向から凱旋門前で作業しているヴィレ側に向かってやってくるのだが、ラ・デファンスとはかつてその地域がパリの防衛拠点だったことからつけられた名前。そんな防衛線の名を冠した街を背に、ご丁寧にグース・ステップ(言うまでもなくかつてパリにも侵攻したドイツ軍のトレードマーク)まで踏んで襲来するとは、よくできたシーンである。
『シン・エヴァ』IMAXにて2回目
久しぶりになにかに夢中になるという感覚に浸かっていて楽しい。公開日に一回見たきり10日ほどの間延々と頭の中で反芻しながら、パンフレットから抜き出したシーンを絵に描いたりして長い余韻の中にあった。かなりいろいろな映像が思い出されて考えているだけで楽しかったが、果たしてIMAXで挑んだ2回目はそんな10日間を上書きしてあまりあるほど鮮明で強烈な映像だった。どんな内容かはもちろんわかっているが、それでも初めて観ているかのような感覚と言っても過言ではない。正直IMAX礼賛型の映画の評判というのは信用していないのだが、これは確かに通常の2Dスクリーンとは別物と呼びたくなるのはわかる。そしてもちろん別物ではない。そういうふうに簡単に別物と言い切ってしまえる評価が信用ならないわけである。 それはどうでもいいとして、視界がとにかく絵で埋められる。ある意味実写映画よりもアニメーションのほうがそういった没入感みたいなものは強いかもしれない。ましてや次から次へと新鮮で強い絵を見せてくれる作品なら尚更である。ほとんど無限に近い数のエヴァの大群が押し寄せてくるところなどは本当にあの空間に落っこちてしまったかのような具合でぐわあんとする。 そんな異常空間での戦いはもちろんだが、農村の風景もさらに強く響いてくる気がした。仮称アヤナミが住人に紛れて生活している数日間を静止画だけで見せるくだりなどは、初見だと動きがない分目を休ませるような気で眺めていたが、大間違いだった。ああいうところこそ巨大なスクリーンで観ると刺さってくる。軍手をはめた手が握る不恰好に丸まったキュウリだとか、子どもたちと一緒にケンスケの授業を受けているところだとか、大スクリーンで観る絵画のような感じで目が皿になった。自分が確かにあそこにいたような気さえする。別にそれは自分が同じような(全然違うのだが)農村の出だからというわけではなく、今現在の生活も含め、映し出されている光景と同じものがいくらでもそこかしこに見つかるような気がしてならないのだ。 ついでに大きな画面のせいか、2回目なせいかわからないが、田んぼが遠景になったところであちこちで細かく小さな水紋が動いているのに気づいた。オタマジャクシかなにかのためだろうけれど、そういうところに気づけるのもうれしい。あの農村の風景は、アニメで描かれがちな「必要以上に美しい田舎」みたいになっていないところが好きなところである。状況はとても特殊だが、その中の生活をできるだけリアルに描くため、そういったフィルターを通すことはしなかったのだろう。あれだけ「土の匂い」をストーリー的にも強調しているのなら、野山を美化しそうなものだが、そうしないところが素直にかっこいいのである。だって、綺麗すぎる田舎の景色からはきっと土の匂いはしないから。美しいどころか泥臭ささえあるあのあたりの描写は、そういったためだろうと思っている。本当ならああいう景色のところではそれほど空気がパキッと鮮明でないというのもある。少なくともぼくの過ごしてきたところのイメージだが。だからあれくらい泥臭くて、ぼんやりした感じがいちばん合っている。それに、それでも美しいと感じるシーンがあったのだから、その描写で成功しているというほかない。 そんなふうにイメージと考えが押し寄せてくるわけだから、観終わって帰ってきたらずっと頭が火照っていた。一年以上映画館に行っていなかったのに10日くらい空けて同じもの観に行っているのだから、そりゃ体も頭もびっくりするだろう。
『シン・エヴァンゲリオン劇場版』(2021) 感想
劇場まで観に行って本当によかった。エヴァを公開日に観たのも初めてだし、およそ一年振りの劇場鑑賞、やはりスクリーンはいいものだ。端的に言えばすごいものを観たという感覚。忘れられない映画体験、アニメーション体験となった。 TVシリーズの最終回と旧劇場版『Air / まごころを、君に』に新劇場版の新たな展開を合わせた素晴らしい集大成にして完結編。旧作の展開を予感させながらも、その予感が気持ちよく裏切られる感覚は、かつて17歳の夏に『破』で受けた衝撃と同じもの。同じ世界観、同じキャラクターたち、けれど少し違う表情。知っているようで知らない世界。決して同じことは繰り返さず前進するキャラクターたちの姿は、もしかしたら作り手の姿勢と同じものかもしれない。とにかく新しい映像を見せようという気概がひとつひとつの場面やデザインから伝わってきて、それでいながら馴染みのあるイメージや様式を忘れさせない。だから親しみと未知とが合わさった世界が広がり、引き込まれる。絶対に印象に残る強い画、おもしろい画があるのがエヴァの好きなところでもある。 大団円にあって驚くほどフォーカスされる人間の生活ディテールは衝撃的でさえあり、新鮮だった。おなじみの未来都市での生活ではなく、世界の破滅を生き残った人々が築いた農村での生活で、食べることや働くこと、生み育てることがかなりの濃度で強調される。極端な状況下での極端な生活かもしれないが、エヴァンゲリオンにおいては必要な描写なのだろう。土や緑、農作業のイメージは、『破』で加持リョウジがすいかを育てていた畑へと繋がり、その加持の願いこそ地球の多様な種の存続であったこと、そしてそれを託されていたのが方舟としてのAAAヴンダーだったことがわかる。『破』での海洋研究所見学もここに繋がってくるとは。この物語は最初から地球上のあらゆる生命への賛歌であり、碇シンジは自分が守るべきものをあの農村、第3村ではっきり認識したわけである。 最後の戦いを前に、集められるだけの地球上の「種子」をおさめたユニットが宇宙空間に射出されるが、これがタンポポの綿毛のような形に変形するところは本当に感動した。映像やセリフ、キャラクターの表情などいろいろな要素に感動したが、ここはいわゆるSF的感動である。タンポポの綿毛のように伸ばされた細くたくさんのアンテナ、それは種子をできるだけ遠くへ飛ばそうと(逃がそうと)する目的に合致した素晴らしいデザインだった。 多様な個々の生命とその世界を存続させようという願いと希望に溢れた物語であることに気付かされるだけでも胸がいっぱいだが、その上あれだけ絶望し抜け殻になりかけていたシンジがしっかり立って前進する展開にはもはやなにも考えることができず、ただ見ていることしかできない。生き残った人々、新たに生まれてくる生命、不鮮明な未来を前にそれでも一瞬一瞬を噛み締めて生きながらえている第3村の「生活」を目の当たりにし、ミサトや加持、アスカたちの真意にさえ気づいたシンジにはもはや迷いも恐れもない。ここへ来て本当の恐れを抱き始めるのはあの父親、碇ゲンドウである。 ヒトであることをやめて神に等しい存在になり「果てた」父ゲンドウは、最初こそ強大で絶大で絶対的な力で息子を圧倒したかのように見えたが、シンジが父親と対峙するだけでなく、歩み寄った途端にひどく矮小な内面をあらわにする。あれだけ大きくて恐ろしい存在だった父親、文字通り神同然の存在にまでなった父親が小さなただの人間に見える。それはつまり息子が大人になったということにほかならない。そして、相手に歩み寄ることを知ったシンジは、当然ながら未熟な群体である人間をひとつに統合するのではなく、個々が生きる世界を選ぶ。確かに多様ゆえの不協和音は起こる。しかし、多様であるがゆえに世界は豊かにもなる。 なによりも生きたい、そして新しく生まれてくる生命を守りたいという願いから、シンジやミサトたちは戦った。生命として自然な本能によって神になろうとした男に抵抗したその行動は非常にシンプルなものと言える。確かにこの作品は世界観や設定、ガジェットが複雑だが、根底にあるその動機はシンプルでわかりやすく、だからこそこれだけ響いてくるのだろう。少なくとも今はこれ以上あまり細かいことを考えたくないくらいには、ぼくの気持ちにストレートに響いている。 とは言えこうして書き出してみても、もっとよく確認したいという衝動がわいてきて仕方がない。もしかしたら間違えているかもとか、もっとあそこをよく見てみたいとか、一度きりの鑑賞から一週間、長い余韻の中でずっと反芻してきたが、それにも限度がある。絶対にもう一度くらいは劇場で観たいものである。 そして、『破』の公開を機に初めてシリーズに触れてから12年が経とうとし、『Q』を観て全くの未知への衝撃を受けてからも8年が経ち、その間にぼくは結婚して子どもも生まれ、まあまあ仕事もしている。そのことになにより驚いてしまうし、『Q』を一緒に観に行った素敵な年上の女性とのちに結婚するということも、あのときのぼくはまだ知らないのだ。
1 2 3