10:「ヒトラー・コード」
(ヘンリク・エーベルレ、マティアス・ウール編/高木玲訳/講談社)

 スターリンに報告するために、供述の内容が一部差し替えられたり削除されたりしているので、編者による脚注の数がおびただしく、一章が終わるごとに脚注内容のページが三ページくらい軽く続いたりします。

(2014年4月16日)